white のコピー

株価乱高下と不動産 〜長嶋修のズレズレなるままに

「ギリシャの政局不透明感」や「米の利上げ観測」に加え「中国株暴落」で市場は大混乱。とりわけ「中国バブルはいつ崩壊するのか」と、2011年あたりからささやかれていたため「ついに来たのか?」と動揺が広がっています。 「円安・株高」...

DATE:2015年9月6日 Posted by 長嶋 修

More
white

公認ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験ガイダンス・対策講習会  〜長嶋修のズレズレなるままに

「公認ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験」の受験申し込みが開始されました。今年は試験ガイダンス・試験対策講習会も全国7会場で開催され、受験環境はより整備されたといえます。 以下は、本資格に関してザッと理解していただける動画...

DATE:2015年8月19日 Posted by 長嶋 修

More
white のコピー 2

海外不動産投資はアブない、アヤしい 〜長嶋修のズレズレなるままに

「海外不動産投資」といえばすぐに「怪しい」とか「危ない」とかいう話になるのですが、まあそれは40-50年前の日本も同じ。レインズ(業者間情報ネットワーク)もなければ、建築は旧耐震、登記は手書きで書き換え詐欺も多発、なにより業界人が怪しげ...

DATE:2015年6月29日 Posted by 長嶋 修

More
white のコピー 2

新築住宅の経済波及効果は長期的に「マイナス」 〜長嶋修のズレズレなるままに

「新築建設は経済効果高いよねー」の根拠となっている「産業連関表」。住宅の生産誘発効果は2倍弱とされています。しかし今となっては、新築が造られればその分空きや対策費、街の価値毀損、インフラ修繕など行政効率悪化などのマイナスを含めた...

DATE:2015年6月8日 Posted by 長嶋 修

More
Conceptual image of the search and inspection of the house.Isolated on a white background

空き家の増加が止まらない理由 〜 長嶋 修の『ズレズレなるままに』

1966年。まだ私が生まれる前の話ですが、あのころはとりわけ都市部の住宅が足りなくて劣悪だったため「住宅建設法」を施行、5年毎に新築建設の目標を造って新築を量産してきました。当時の国会議事録を読むと「5年ごとの目標なんて甘い、年度ごとに...

DATE:2014年6月2日 Posted by 長嶋 修

More