serufurinobedeitibantyuisubeki

セルフリノベで一番注意すべきポイント〜なんでもやってみるDIY大家 – DIY職人大家のDIYな日々 –

今日は

DIY R SCHOOLで知り合った仲間が

団地でセルフリノベをしている現場を

久々に訪問してきました。

かなり進んでいて

この収納なども

仲間と一緒に完成させてました。

これからもDIYリノベ続けると

思っていたのですが

今後は業者さんに依頼して

今月中に完成させるらしいです。

どうやら、

ご近所さんから

終わりの見えない

リフォームにたいして

騒音のクレームがあったらしいのです。

マンションや団地の

セルフリノベの場合は

音の問題に特に注意が必要で

いつまでも工事が続くと

今回のように近隣住民から

クレームが入るんですよね。

そんな事があったので、

業者さんに頼んで

一気に終わらせる事に

したらしいのです。

この壁は既に業者さんが

作ったらしいですが、

見た目は先ほどの

DIYで作った収納用の壁と

ほとんど変わりません。

でも使っている板材の厚みのみ

違うんです。

業者さんが9mmのベニヤで

セルフは5.5mmの厚みだったんですよ。

業者さんは

やはり自分達のやり方でないと

保証が出来ないので

折角作った収納壁も

壊して作り直すらしいです。

非常に上手く作っているのに

勿体無い話です。

業者さんによっては

もっと融通の利く所もあるはずですが、

この業者さんは

相当きっちりしているのでしょう。

いずれにしても、

セルフリノベをする時は

色々と注意すべき点がありますね。

編集部より:この記事は   なんでもやってみるDIY大家 – DIY職人大家のDIYな日々 –      様の2016/1/10の投稿を転載させていただきました。

Posted by DIY職人大家 ヒデ

2007年に藤山さんの本を読み一念発起し、1Rx6部屋のアパートを親借金で購入。 サラリーマンをしながら二足の草鞋でアパート経営を行う。 2013年9月末22年勤めた物流会社の希望退職制度に応じ 早期退職する。 転職先の工務店でリフォーム工事の現場監督を経験した事で職人になりたい気持ちが芽生える。 2014年2月に購入したアパートのリフォームを自ら行う為に3月月末に工務店を退職。 2014年4月〜6月所有アパートの空室リフォームを自らDIYで行う。 7月から12月まで職業訓練所の住宅リフォーム技術科で建築のイロハを学ぶ。 10月からDIY R SCHOOLに通い、DIYリフォームのノウハウを勉強中。 2015年1月から昨年購入済みの築古戸建のDIYリフォームを日々敢行中。