PAK86_atamawokakaerudansei20131223

日本人投資家が注目するジョホールバル

ここ数年で一番日本人投資家が注目した地域のひとつが、
マレーシアにある「ジョホールバル」だと思います。

このジョホールバルには日本人移住者がドシドシと押し寄せていますし、
投資先としてもかなり魅力的です。

ジョホールバルが注目されている理由は色々ありますが、
その中のひとつが立地条件です。

経済発展が著しいシンガポールまでは、
コーズウェイとセカンドリンクという2つの橋を利用することで自動車で移動することが可能です。
この橋は24時間通行可能ですし、イミグレーションも簡素化されています。

つまり違う国に行くのに、
ほとんど国内と変わらない感覚で移動することが可能というわけです。

現在の交通網でも十分便利なのですが、
2018年にはジョホールバルとシンガポールを結ぶ鉄道が新たに開通する予定です。
こうしたインフラの継続的な充実が不動産価格の上昇を支えています。

ジョホールバルに投資することによって、
インカムゲインとキャピタルゲインのふたつを狙うことが可能です。
投資家のなかには、ジョホールバルの魅力的な環境に惹かれて移住してしまった人も珍しくありません。
現地では日本人コミュニティーも徐々に作られているようです。

こうした日本人にとって住みやすい環境になっていくなら、
将来的に自分自身がジョホールバルに移住するのもありだと思います。

ジョホールバルについて良い事ばかり書きましたが、
最後に注意点も紹介したいと思います。

それは不動産価格がバブル気味になっていることです。
誰も住んでいないゴーストタウン化しているエリアも実際にはあります。

実需がちゃんとあるエリアに投資する、
これが基本ということを忘れないようにしてください。

不動産は買って終わりではありません。
長期的な戦略を持ってジョホールバルに投資をしていきましょう。