a0001_014240_m

どんな収益物件をどんな順番で買えば良いの?不動産投資のバラ色プラン

◆資産形成のための不動産投資。最初はどんな収益物件を買えば良いの?◆
土地がない方でも、裕福な家計の生まれでなくても
一代で資産形成したいと思っている方にはとても向いております。
資産形成という観点で投資を行う場合は、2棟、3棟と物件を
買い増しして行く必要がありますので、最初の1棟目、2棟目は、
堅実な新築一棟ものマンションを購入するのが最も賢明です。

◆新築一棟ものマンションはなぜ良いのか?◆
高利回りの掘り出し物の中古マンションを買いたいのは理解出来ます。
しかし将来的に複数棟の収益物件を取得することを考えれば、
最初の内は、銀行が安心する”手堅い物件を購入する”ことを推奨したい。
最初の1棟目、2棟目が、銀行が安心する”手堅い物件”であれば、その物件を担保に
他の物件を買い増ししていくことが出来ます(これも株やFXでは絶対にこうはいかないです)。
「借金したくない」からと区分マンションを現金買いしたり、中古の高利回りAPを一番始めに
買ったりする中途半端な投資家をよく見ますが、そのような無計画な不動産購入では、その先がないです。
区分マンションを現金買いしてしまったら、貴重な自己資金がなくなり<レバレッジ>が効かなくなります。
また中古の高利回りAPを一番始めに買った場合、もしも「その物件には資産価値がない」と銀行が判断した場合
その物件は担保価値が認められず、2棟目以降が買えないというどん詰まりに陥ります。
そういう意味で『最初の一歩は本当に重要です。』
最初に新築一棟MSを建てるということは、確実にオセロの角をとることと似ています。
最初の1年目の収支が寂しい物だったとしても、中長期スパンで考えると、とても有意義なスタートと言えます。