imgres のコピー 4

アメリカで賃貸派が増えている

アメリカ不動産投資をしていく際に、
ちょっと気になるニュースが最近報道されました。

それは、アメリカで「賃貸派の人間が増えている」というニュースです。

このタイトルだけを読むと、
不動産投資家に有利な情報だと単純に思ってしまいますが、
事実は少し複雑なようです。

アメリカで賃貸派が増えている大きな理由は、貧困層の増加です。
要するには、マイホームを購入することが出来ない人が昔に比べて多くなってきたわけですね。

リーマンショック以降、ローンの審査が厳しくなっています。
そのため、以前なら簡単にローンを組めたアメリカ人でも、
今は難しいケースがあるのです。

Tax

アメリカ不動産投資を成功させるには、物件だけではなく、
賃貸に出す入居者も選定する必要があります。
家賃を滞納しそうな人には、最初から貸さないスタンスが大事なのです。

とくに日本人の私たちが投資するのですから、
理想はアメリカ不動産を日本人に貸すことです。
わざわざアメリカにある物件を同じ日本人に貸すなんて、ちょっと変な気持ちがするかもしれませんが、
これが一番確実で安心なやり方です。

アメリカで賃貸はが増えているというニュースは、
これから訪れる2極化の警鐘かもしれません。

しっかりとした収入を持つ人たちが住むエリアに投資していき、
確実にキャッシュフローを出していきましょう。
こうしたスタンスで投資に臨むことが出来れば、
大きな失敗をすることはないと思います。

アメリカ不動産をするなら、
こういったニュースには敏感になるようにしてくださいね。