imgres のコピー 4

イギリス不動産投資とは

日本に普通に暮らしているとまず聞くことが無い言葉、
それが「イギリス不動産投資」です。

そもそも日本人がイギリスの不動産を買えるのか?
そんなレベルの人がほとんどだと思います。
そこで今回は簡単に、イギリス不動産について説明したいと思います。

まず根本的な疑問である、不動産の購入についてです。
イギリスの不動産は日本人でも問題なく購入可能です。
当然のことながら、自分の名義で登記することが出来ます。

また不動産ローンも組めます。
ローンの金利は銀行によって異なりますが、
4パーセント前後になっています。

もちろん変動しますから、随時チェックする必要があります。

ローンがあるのでキャッシュフローが出るようなスキームを作れば、
元金がほとんどなくても物件購入が可能です。

イギリス不動産の主役は、やっぱり首都ロンドンです。
この都市に憧れをもっている日本人は少なくありません。
オシャレな街並みですし、映画などメディアにも多く登場しています。

London at night with urban architectures and Tower Bridge

イギリス不動産投資をする時には、
中古物件に投資するパターンが主流のようです。

日本人の感覚からすると、
築年数がかなり古いもの(壊しても良いんじゃないかと思えるもの)も少なくありません。
イギリス人は古いものを修理しながら使うのが上手いです。
いつまでも使い続けることがカッコいい、そう思われる文化なのです。

日本人は逆にスクラップビルド(壊して新築にする)思考なので風情が無い気がします・・・。

イギリス不動産は資産保全に向いています。
そしてセカンドハウスとしてのステータスは、言葉で言い表せないほどです。
ぜひ投資の候補にあげてみてください。