Outline architectural sketch detached tarditional house - vector concept

新築木造アパートは新しい時代に突入せねばならない〜野中周二の福岡不動産投資記録(元中卒サラリーマン大家)

アパートメーカーが乱立する福岡でも
もはや新築木造アパートのメーカーごとの差別化は
ほぼ無くなりつつあります。

屋上バルコニーは使われない
隣地がマンションの囲まれていると尚意味をなさない
この部分のコストが勿体無い

スキップフロアは危険だと認識され
家具も置きにくく、フラットフロアが良いと思われている
安心できない

ロフトは狭いが容積を使うに効果的だが
息苦しい、圧迫感があることはそこで寝た人だけが知っている
住みにくい

料理好きな方向けのキッチンと謳っているが
設備は良いものを入れても、コンセントがない、ワイヤーポケットもない
結局使いにくい

作り手は、作り手の考えがあってものを作っているが
住む側にとって本当に良いものかどうかを
理解しているメーカーは非常に少ない。

売ることだけを考えていても
結局住む人がどのような生活環境かを意識して
取り組むことは大前提だと思っていますが

残念ながら反映しているメーカーはほとんどありません。
(全てではありません)

コンセプトを持った建物だとしても
それは残念ながら真の顧客志向を持たないメーカーに
その真意は理解されない。

わかっています、大人の事情が多くあります。
結局はメーカーは利益をどれだけ取れるかが
一番に考えられているので、結局コストありきなのです。

買う側は、そのコストに見合うものかどうかを
見極める力が試されます。

ですから、メーカーは柔軟に施主、買う側の意見を
反映できるような多少のオーダーができる、アイデアが組み込める
そんなアパート建設を行うべきでしょう。

 

 

私も過去建てた木造アパートでは
400万以上も設備、アイデア投下にコストを掛けました。

そのおかげで、入れ替わりがあっても
待機前に次も決まり、現状完成からずっと月別平均入居率100%です。
礼金も毎回頂いています。
(無論、管理会社、仲介会社、仲介スタッフ様のおかげの実績です)

差別化を持っている物件は、やはり顧客志向を具体化できていれば
できているほど、選ばれるものです。

それは多少の立地の悪さ、徒歩数分伸びても選ばれると
私は実感しています。

 

これから先、乱立する新築木造アパートは
どのような進化を遂げる必要があるのでしょうか。

新しい時代を象徴するような、素晴らしい企画商品開発は
必ず必要であり、そのような事を考えているメーカーには
以下のような内容を、ぜひ検討して欲しいと思っています。

①フルフラット (当たり前である事、安心安全である事、奇を衒わない)
②収納場所の工夫(収納家具を増やす、クーゼットの大型化、シューズクローゼット)
③バルコニーの新提案(????????)
④間取りの工夫で角部屋を増加(採光増加、防音対策併用)
⑤洗濯干し場所の工夫(????????)
⑥ガルバニウム合板の外観(RCに迫るデザイン性と時代に流されないシンプルさ)
⑦オプション品の充実(キッチン、シャンドレ、タオル掛け、ペーパーホルダー、浴槽など設備)
⑧外構の作りこみ(ゴミ置場、共用部のデザイン、植栽、ライト)
⑨提供した建物のWebページ制作(入居者向け、管理会社、仲介向け、効果的入居付に結びつく)
⑩ブランド化(どこのメーカーかはっきり分かる意匠を身にまとう)

 

 

選べない、自分の好みを生かせない
アイデアを投下できない、独自性の高い建物、内部を構成できない事からの
脱却をせねばなりません。

おなじみのサイディング2色、似たり寄ったりのデザイン
現状どこのメーカーの建物か意匠に差別化がまったくありません。

メーカーは、面倒臭くても、作るアパートは、企業を表すものですので
一つの作品として、商品として施主意見を反映したものを
作り、提供することは、市場の競争に対しても
良い方向に向くと私は判断しています。

 

次の時代、新しい年号にふさわしい
新時代の木造アパートを提供するのはどのメーカでしょうか。

 

選ばれる為に、それは賃貸経営する方から選ばれても仕方ありません。
入居者から選ばれないと本来の意味をなさないからです。

 

賃貸事業の目的はなんですか?
満室化し、収益を拡大、安定的に収益を得ることであれば
目を向けるポイントは、より重要だと感じています。

 

新築木造アパートをこれからも建てられる方
メーカーの方は是非とも企業価値を向上させるような
入居者に圧倒的に選ばれるにふさわしい素晴らしい物作りを
お願いしたいと私は思っています。

 

編集部より:この記事は   野中周二の福岡不動産投資記録(元中卒サラリーマン大家)   様の2019/04/09の投稿を転載させていただきました。

Syu2nd

Posted by Syu2nd

福岡の中卒サラリーマンが実践する不動産投資記録です。 生い立ち、サラリーマン、福岡を中心とした不動産経営と これまで、これからを綴る内容にしたいと考えております。 不動産投資、経営は2013年より始めたばかりの初心者なので 諸先輩方を参考にさせて頂きながら、一歩ずつ学び進んで行こうと思います。 現在所有物件 福岡市  新築アパート 9戸 2015/9竣工(建築中) 1LDK 久留米市 築28年RCマンション 23戸 1K 熊本市  築30年RCマンション 21戸 3DK 福岡市  新築RCマンション 14戸 2015/2竣工 1LDK/2LDK      (2015/5/29 売却済み)