House on A Financial Graph

銀行融資状況パート1 〜坂東鶏三郎の不動産投資は絶対するな!? でも不動産投資は『素』敵だ

おっぱー。

坂東鶏三郎でございます。

先週、某銀行さんが来社したので、融資状況をヒアリングしました。

某銀行  東北地方の第一地銀

融資は締まってきているが、元から不動産投資にはあまり積極的ではない。

サラリーマン大家には厳しい。

頭金2割くらいは、必要。

すでに実績がある場合は、融資可能。

中古RCは、利回り7%以上じゃないと、まわらないのでダメ(それはそうですね。)

耐用年数内が基本。

不動産鑑定士の鑑定を入れれば、耐用年数プラス5年くらいは、あり得る。

鶏三郎への融資についても聞きましたが、

「諸費用くらいはあるんでしょ。物件価格の10%くらいですかね。」

とのこと。

まだフルローンの可能性はありますが、オーバーローンは無理みたいです。

この銀行は、築20年以内のRCの時に、持ち込むために取っておきます。

あと、物件紹介もお願いしていたのですが、

「自己資金をたっぷり入れれればですが。」

と言われて、新築の低利回りの物件概要書をいただきました。

銀行さんも無理だとわかっていましたが。

こちらの狙っている最低ラインを伝えたので、

うまく融資がはまる物件が出てくれば、

紹介してもらえそうです。

 

編集部より:この記事は   坂東鶏三郎の不動産投資は絶対するな!? でも不動産投資は『素』敵だ   様の2019/01/29の投稿を転載させていただきました。

坂東鶏三郎

Posted by 坂東鶏三郎

仙台市在住の自営業大家です。 所有物件は、 零号機 仙台市青葉区 マンション(自宅) 壱号機 仙台市太白区 アパート(1K×10) 弐号機 仙台市太白区 戸建 参号機 仙台市太白区 S造(3DK×9・店舗×3) 四号機 仙台市泉区 アパート(1K×6) 五号機 仙台市泉区 アパート(1K×6) 六号機 仙台市太白区 戸建 現在は、RC1棟を物色中です。 投資スタイルは、『フリースタイル』。 高速RC、築古、区分等のミックスで、お気楽生活を目指します。