The house stands on a pile of coins, the concept of cash savings, loans..

短期解約違約金を設定して助かった話 〜【不動産でセミリタイヤ】 横田紳一

こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050

大阪1号物件は、今月末に退去が1室発生する予定です。

その部屋は、去年の4月に埋まったばかりの部屋でした。

入居はウチコミ経由で、私が直接つけたお客さんでしたので

心中はやや複雑ですが

実は

「この人は1年以内で退去があるかもな」

という予感がしていました。

入居者のことを詳しく書くことは出来ませんが

同じ自治体内にある元の住居に何なら戻れる状態で入居したので

これは要注意だと思いました。

この近辺の条件は

短期解約違約金をつけないことが多い

つけても半年未満の退去で1か月とか

そんな、のどかな地域です。

ですが、そんな経緯から

この物件で初めて短期解約違約金を設定しました。

条件は、1年未満解約で家賃1か月の違約金

大阪市内だと

違約金の設定がない物件が殆どなく

前に私が民泊で借りていた部屋などは

1年未満なら2か月、2年未満なら1か月

酷いのは

民泊に使うことを公に認める代わりに

1年未満なら6か月、2年未満なら2か月

そんなのもありました。

今回は、1月末退去で、1か月もらえるので

2月初め~3月という繁忙期に、しっかり客付け出来るので

次が決まる確率も非常に高いです。

部屋を探す人は

「ここは短期解約違約金があるからやめる」

なんていう人は、ほぼいなくて

ここに長く住むつもりで来ているので

かなり厳しい額でない限り

違約金の有無を気にすることはありません。

1年未満の退去で、1か月くらいなら

全然マイナスにならないので

つけることをオススメします。

◆編集後記◆

1年前に巨額の仮想通貨流出されたコインチェックが

金融庁が認める業者として正式に登録されたそうです。

あの時の流出から流れが変わったみたいに

値崩れを起こし

その前から買っていた私は、含み益が割とあり

全額現金に交換して利益を実現して民泊の損失補てんに使ったので

トータルでは利益でした。

しかし

流出の前くらいの仮想通貨が盛り上がっている頃から買った人は

かなり含み損が発生、もしくは損失を確定していると思います。

1年間のチャートを見ると殆どの通貨で右肩上がり

これじゃ買う気が失せますよね。

ですが

ここまで下がったので

ここで損しても、問題ないほど入れておくと

もしかして化けるかも知れませんよ。

化ける可能性は宝くじよりもかなり高いです。

 

編集部より:この記事は 【不動産でセミリタイヤ】 横田紳一様の2019/01/12の投稿を転載させていただきました。

【不動産でセミリタイヤ】 横田紳一

Posted by 【不動産でセミリタイヤ】 横田紳一

はじめまして。不動産投資でセミリタイヤした、横田紳一 です。 関西の有名国立大学を卒業して敷かれたレールに乗っかって、なんとなく、サラリーマンになりました。 そこで安心と安定を手に入れ、その代り自分の時間を提供しました。 まあ、そういう私も人生の中盤にさしかかり これが本当にやりたいことだったのか? 学生時代は切れ者で評判だった自分がこんな平凡な人生でいいのか?と自問自答する日々 それでもサラリーマンをやる以外に収入を増やす手段を見つけることができず、5年ほど経過。 ロバート=キヨサキの金持ち父さん貧乏父さんを読んで感銘を受け 権利収入として賃貸アパートを購入すると共に お金の力学に興味をいだくようになり インターネットビジネスの可能性を見出す。 昨春、めでたくサラリーマン以外の収入で生活の目途がたつようになり、セミリタイアを達成。 そんな私の意見、見識を提供していきますので 是非楽しみにしていただけたらと思います。 次は、あなたがセミリタイアする番です!