AI(Artificial Intelligence) concept.

速攻で買う不動産、じっくり考えて買う不動産。。。 〜不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

いつも言っている通り不動産が無くなることはありません。

じっくりと考えましょう!!と・・・

 

しかし、市場にはたまに速攻で購入したほうがいい不動産が出てきます!!

本当にたま〜〜〜〜〜〜にです。。。笑

 

「人気エリアにあって相場より格安な物件」

このような物件は相続であったり、なにがしの理由があって売り急ぎの場合が多くあります。

なにがしの理由・・・売主が周りに知られたくないということで市場に出にくいことも考えられます!

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

アパマンにおいては

「人気エリアで地型がよくまとまった面積の角地」等がそのような不動産です。

 

ではそのような不動産をどのようにゲットするのか!?

 

やはりマメに不動産屋と情報を交換しておくことだと思います。

重要なのが今まで不動産屋から物件の紹介があった場合、しっかりと”買う買わない”の意思を表示していたか!?

これが大事になります!!

不動産屋も商売です。

いつまでも一人のお客さんを待ってるわけにはいけません!

断ってもらうのも不動産屋にとっては前進です。

物件の紹介だけ受けて、思わせぶりでどうするか決めないお客は敬遠されます。

私もはっきりしないお客さんにはいい物件の紹介はしません。

物件を紹介する場合もしっかりと信頼関係ができているお客さん優先!!

当然、いい物件は優先順位が高いお客さんに決まっていきます。

 

今からでも遅くはありません。

しっかりと絆を築いてください。

 

最後に一番大事なのが手付金の準備!!

いい物件は速攻で決まります。

融資が決まってから!!では購入する確率がぐんと下がります。

 

契約に”融資特約”をつけるのはいいと思います!!

しかし、手付金は速攻で入れれる準備をしておきましょう。。。

 

今は不動産全体的に融資が付きにくくなっています!

特にアパマンはその傾向が大きくあります。

 

ということは・・・

売りに出している物件が希望額で売れない・・・

 

当然金額の引き下げが行われます。

うまく交渉すれば15%前後の利回りの物件が購入できます!

その時のためにしっかりと資金を準備してくださいね。。。

 

色々と一緒に悩みましょう!!

 

株式会社ie’sコーポレーション

 

編集部より:この記事は 不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」      様の2019/01/11の投稿を転載させていただきました。

 

津崎 哲郎

Posted by 津崎 哲郎

不動産コンサルタントの津崎哲郎です。 昭和62年、バブル景気真っ最中に東京から熊本へ帰ってきました。 学生ながら東京でバブル景気を経験し「学生起業家」を気取って、簡単に言えば“ブローカー”をしていました。 売りたい人と欲しい人の仲介をする! 車・宝石・時計・家具・服etc・・・何でも仲介しました。 当時は何でも売れ、どんどん金額が大きい物を追っかけて行った結果が「不動産」でした。 当時は不動産に対する融資が緩やかで、金融機関も対象不動産を見ずにお金を貸す時代でした。 それからご存知の通り、バブルがはじけバブル時代を謳歌していた人たちは、塩を引くようにいなくなりました。 熊本に帰ってから、父親の会社に就職しそれなりに仕事はしていましたが、不動産の面白さが忘れられず“ブローカー”として、色々な不動産を仲介してきました。 もちろん、取引は宅建業者を通じて正規に取引をします。 不動産業は“情報産業”です。 情報を持っていない“業者”は廃れて行きます。 ですから私みたいな“ブローカー”が重宝されていました。 “ブローカー”と“正規不動産業者”の違いは何だと思います。 「宅建免許」を持ってるかどうかの違いだけです。 しかし、最近は書籍やSNS、ブログで色々な不動産情報を手に入れる事が出来ます。 情報を得やすい時代になってきましたが、「?」な情報も多く出回っています。 バブル景気時代からの生き残り、不動産の裏表を知り尽くした私が、損をしない不動産情報を発信しようと思います。