concept housing a young family. mother father and children in a new home

マイホームはどうやって決めるべきか!? 〜 不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

マイホーム購入!

色々な悩みがあり、なかなか決めにくいと思います。

確かに大きな買い物ですからね。。。

 

一番大切なのは”本当にそこに住みたいかどうか!?”だと思います。

 

マイホームの購入を検討される年齢層で一番多いのが30代前半。

お子様も幼稚園から小学校低学年の方が多いと思います。

その場合、第一の条件が

「〇〇小学校区内」

確かにそれも悪くないし選択肢の一つだと思います。

 

しかし・・・

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

お子様はずっとその小学校に通いますか?

通いませんよね。。。

 

成長とともに中学校・高校・・・

もしかしたら県外の学校へ行くかもしれません。

どうですか!?

それでも学校区が第一の優先順位ですか!?

人気の学校区は地価が高い傾向にあります。

もし売る場合には売りやすいでしょう!

 

しかし、万が一にもその学校区が人気がなくなった場合・・・

将来的に何が起きるかわかりません。

選択肢の一つに加えるのはいいと思います。

 

やはり第一に選択するべきは「将来にわたって自分の生活が描けるか!?」

だと思います。

 

マイホームは基本的にお金を生みません!!

アパマンであれば家賃という収入を得ることができます。

しかし、マイホームは住宅ローンを支払い、年々老朽化していきます。

 

厳しい言い方ですが、住宅ローンを完済するまでは負債だと思っています。

 

では、なぜ?マイホームを購入するのでしょうか!?

人はそれぞれ自分で思い描いた生活があります。

その中には”子供の成長””夫婦の老後”etc…

人それぞれ思いは違います。

 

皆さんに共通するのは

家族の幸せ

ではないでしょうか!?

 

その為には、みんなが将来にわたって住みやすく、楽しくできるマイホームがいいと思います。

無理して地価が高い家を買っても住宅ローンの負担が心に重くのしかかり、毎月の支払いに頭を悩ますかもしれません。

 

今までなんども任意売却や競売の手続きをしてきました。

 

購入した時は夢のマイホーム!

しかし、結果は・・・

 

そのようにならない為にも無理な計画はせずしっかりと考えて購入しましょう!

 

一番やってはいけない事!!

 

焦って購入する事です!!!!!

 

不動産がなくなることはありません。

 

しっかりと悩みましょう。

 

ぜひご相談ください。

一緒に悩みましょう!!

 

株式会社 ie’sコーポレーション

〒860-0802
熊本市中央区中央街7−2
電話096-285-9577
FAX096-285-9578

 

編集部より:この記事は   不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」    様の2019/01/09の投稿を転載させていただきました。

津崎 哲郎

Posted by 津崎 哲郎

不動産コンサルタントの津崎哲郎です。 昭和62年、バブル景気真っ最中に東京から熊本へ帰ってきました。 学生ながら東京でバブル景気を経験し「学生起業家」を気取って、簡単に言えば“ブローカー”をしていました。 売りたい人と欲しい人の仲介をする! 車・宝石・時計・家具・服etc・・・何でも仲介しました。 当時は何でも売れ、どんどん金額が大きい物を追っかけて行った結果が「不動産」でした。 当時は不動産に対する融資が緩やかで、金融機関も対象不動産を見ずにお金を貸す時代でした。 それからご存知の通り、バブルがはじけバブル時代を謳歌していた人たちは、塩を引くようにいなくなりました。 熊本に帰ってから、父親の会社に就職しそれなりに仕事はしていましたが、不動産の面白さが忘れられず“ブローカー”として、色々な不動産を仲介してきました。 もちろん、取引は宅建業者を通じて正規に取引をします。 不動産業は“情報産業”です。 情報を持っていない“業者”は廃れて行きます。 ですから私みたいな“ブローカー”が重宝されていました。 “ブローカー”と“正規不動産業者”の違いは何だと思います。 「宅建免許」を持ってるかどうかの違いだけです。 しかし、最近は書籍やSNS、ブログで色々な不動産情報を手に入れる事が出来ます。 情報を得やすい時代になってきましたが、「?」な情報も多く出回っています。 バブル景気時代からの生き残り、不動産の裏表を知り尽くした私が、損をしない不動産情報を発信しようと思います。