People with house wooden model and beautiful sunset.

マイホーム購入!一生に一度の買い物と言われていますが。。。 〜 不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

今年から株式会社ie’sコーポレーションでは、各専門士業の方とタッグを組んでマイホーム事業を強化していきます。

家の造り方、土地選び、中古住宅の買い方、リフォームリノベーション、資金計画、法律、税金等々・・・

知らないと不安が多いですし、どうしたらいいのかわからない方が多いと思います。

正直、不動産業の私も税金の事や法律のこと等わからないことが多くあり、専門家に相談します。

一生に一度の大きな買い物!!と言われてるマイホーム。

皆様はどうしていますか!?

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

ネットで調べる。

住宅展示場へ行く。

知り合いに相談する。

いいと思います!!

 

しかし、人それぞれ生活様式・収入・家族構成等々違います!

 

人それぞれ違うので当然

住宅資金の計画

住宅ローンの組み方

金融機関

住宅会社選び

土地選び

火災保険選びetc…

多くのことを判断していかなければなりません。

普通に住宅展示場に行って話を聞いてもいいと思います。

しかし、展示場にいる販売員は各方面の専門家でしょうか!?

ある程度は勉強しているでしょう。

しかし・・・

 

事前に色々な事を知っているのと知らないのでは雲泥の差があると思います。

 

当然、住宅購入はメリットデメリットがあります。

100%の満足は難しいと思います。

 

出来るだけデメリットを打ち消しながら、後悔しないマイホームづくり・購入を一緒にやっていきましょう!!

 

不動産購入に悩みはつきものです。

楽しい時間でもあります!!

一緒に悩みましょう!!

 

株式会社 ie’sコーポレーション

 

編集部より:この記事は   不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」    様の2019/01/8の投稿を転載させていただきました。

津崎 哲郎

Posted by 津崎 哲郎

不動産コンサルタントの津崎哲郎です。 昭和62年、バブル景気真っ最中に東京から熊本へ帰ってきました。 学生ながら東京でバブル景気を経験し「学生起業家」を気取って、簡単に言えば“ブローカー”をしていました。 売りたい人と欲しい人の仲介をする! 車・宝石・時計・家具・服etc・・・何でも仲介しました。 当時は何でも売れ、どんどん金額が大きい物を追っかけて行った結果が「不動産」でした。 当時は不動産に対する融資が緩やかで、金融機関も対象不動産を見ずにお金を貸す時代でした。 それからご存知の通り、バブルがはじけバブル時代を謳歌していた人たちは、塩を引くようにいなくなりました。 熊本に帰ってから、父親の会社に就職しそれなりに仕事はしていましたが、不動産の面白さが忘れられず“ブローカー”として、色々な不動産を仲介してきました。 もちろん、取引は宅建業者を通じて正規に取引をします。 不動産業は“情報産業”です。 情報を持っていない“業者”は廃れて行きます。 ですから私みたいな“ブローカー”が重宝されていました。 “ブローカー”と“正規不動産業者”の違いは何だと思います。 「宅建免許」を持ってるかどうかの違いだけです。 しかし、最近は書籍やSNS、ブログで色々な不動産情報を手に入れる事が出来ます。 情報を得やすい時代になってきましたが、「?」な情報も多く出回っています。 バブル景気時代からの生き残り、不動産の裏表を知り尽くした私が、損をしない不動産情報を発信しようと思います。