hands holding jigsaw puzzles, business to business, business matching concept

収益力、担保力、稼働力のどれを優先する!? 〜不動産投資の不労所得で、45歳での早期退職完了!

前回からの続きです。

不動産投資で、大事なのは、収益力、担保力、稼働力?
https://ameblo.jp/uniketsu/entry-12422024725.html

都会と郊外の例は、あくまでも一般的なものなので、個別には、必ずしも当てはまりませんが、今回、このことを実感したような気がしました。

実感してなかったということは、今までは、習ったという事実しか頭に入ってなかった、ということになりますね。

それは、先日見に行った物件でした。

見に行った物件に、ややビビる!?
https://ameblo.jp/uniketsu/entry-12421129173.html

札幌市にある3棟は、先日見に行った大阪市内の物件よりは、利回りが高く、収益力はあるようです。

担保力と稼働力については、札幌市にある3棟もそれなりに高いと思っていますが、データが無いので、大阪市内の物件との比較は、難しいですね。

ただ、担保力は、大阪市内の物件の方が高そうですね。

特に、土地値は、大阪市と札幌市では、比較になりませんからね。

稼働力については、よくわかりませんが、あまり変わらない気がしますね。

結局は、収益力、担保力、稼働力のどれを重視するか、になるのかもしれませんね。

今回、大阪市内の物件を見て、私にとって、不動産投資で、一番大事なのは、収益力なのかもしれない、と思うようになりました。

不動産投資している方は、収益力、担保力、稼働力のどれを重視しているんでしょうか?

今回見に行った大阪市内の物件は、利回りがとても低く、中古であるにも関わらず、新築で買った札幌市の物件よりも利回りが低いです。

築15年ということは、物件価格も家賃もまだ下がる可能性がありますね。

収益力が弱いということは、当然キャッシュフローが出にくいということですが、先日見に行った大阪市内の物件の本体価格は、札幌市の3棟よりもずば抜けて高いので、買うか否か迷いますよね。

 

利回りが高いということは、裏返せば、リスクが高いということだ、という人もおられるようですね。

確かに、理論としては、わかりますが、利回りの低い物件と高い物件が、同条件であれば、利回りの高い物件を取りますよね。

やはり、私の場合、収益力を優先しているのかもしれません。

ただ、ファイナンシャルアカデミーでは、収益力、担保力、稼働力のある物件をバランス良く買うのが良いと習いました。

この教えが正しいのであれば、今回の物件は、バランス良くするという観点から見て、買いなのかもしれませんね。

それにしても、物件を買う時は、本当に迷いますね。

失敗すれば、身を滅ぼしかねないですからね。

慎重にならざるを得ないですね。

よく分からないオチになりましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

編集部より:この記事は   不動産投資の不労所得で、45歳での早期退職完了!   様の2018/12/11の投稿を転載させていただきました。

uni

Posted by uni

特に、自分の周りに不動産投資をしている人もおらず、実家も資産家ではなく、私の父はサラリーマンという平凡な家庭で育ったにも関わらず、なぜ現在に至ったのか、を書きます。 不動産投資とは、関係ない話もありますが、見てやってください。 2015年5月現在、3棟37室所有しています。 海外投資にも関心があり、上海にマンションを購入したこともあります(2007年に売却済み)。 色々あり、2016年3月で、22年間のサラリーマン生活を卒業しました。 2017年3月から5週間、フィリピンに語学留学しました。 肝心の英語力は・・・、そんな野暮なこと聞かないでくださいね(笑)! 2016年6月に高齢者向けマンションを買いました。 これは、親用に買ったんですが、すぐに入院してしまい、住めなくなってしまったので、今は、賃貸に出しています。 性別 男性 血液型 O 出身地 大阪府 居住地 奈良県 ステータス 既婚