I need a vacation! Close up top view portrait of tired sick young brunet guy. He is wearing the formalwear, resting at the workplace (I need a vacation! Close up top view portrait of tired sick young brunet guy. He is wearing the formalwear, resting a

住宅市場に調整圧力!?〜不動産投資の不労所得で、45歳での早期退職完了!

住宅市場に調整圧力が強まっている・・・、これは、日本の話のようにも見えますが、日本の話ではありません。
アメリカ🇺🇸の話です。
原因としては・・・
①住宅価格が金融危機前(リーマンショック)の水準に高騰した

②連邦準備理事会(FRB)による利上げ継続で、住宅ローン金利が7年8ヶ月ぶりの水準に上昇した

ことが挙げられるようです。
需要に陰りが出始め、価格上昇の勢いは大都市を中心に弱まりつつあるようです。
現に、ローンの申請件数は約4年ぶりの低水準に落ち込んだようです。
又、新築戸建の販売件数は、55万3千戸と4ヶ月連続の前月比マイナスだとのこと。
更に、在庫も増加しているとのことです。
ただ、アメリカの新築戸建の販売件数は、日本と比べると明らかに少ないですね。
日本の空き家問題のもう1つの大きな理由!?
https://ameblo.jp/uniketsu/entry-12386233696.html
そして、中古住宅市場も不調で、9月の中古販売件数は、6ヶ月連続で減少しているとのことです。
アメリカの不動産が値下がりすると、アメリカの景気は確実に悪化します!
日本で不動産が値下がりする以上に、アメリカでの逆資産効果は、大きいです。
それはなぜかというと、アメリカ人は、自宅が値上がりすると、担保枠が大きくなるため、大きくなった分を借り入れて、消費に使うのだそうです。
日本では、通常の抵当権であれば、このような借入は聞いたことがないので、その分逆資産効果は、アメリカよりも小さくなります。
その他にも、気になることがあります。
それは、アメリカの不動産を購入している日本人投資家です。
最近の金融緩和で海外不動産に対する融資も出ていたようですが、アメリカの不動産が値下がりすることにより、不良債権化することはないのでしょうか?
アメリカの不動産をキャッシュで購入していれば、銀行への返済が滞ることはありません。
ただ、融資を受けて、購入した人も沢山いるでしょうから、アメリカの不動産が値下がりすることで、不良債権問題となることも考えられるのではないでしょうか?
今、日本では、サブリースや金融資産の偽装などで、不動産投資向けの融資が厳しくなり、今後、不動産が値下がりするのでは、と言われているようです。
そして、アメリカの不動産も値下がりすると、銀行は、更にアメリカの不動産に対する融資でも不良債権問題となり、日米ダブル不良債権問題に悩まされることになるのかもしれませんね。

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

編集部より:この記事は  不動産投資の不労所得で、45歳での早期退職完了!    様の2018/11/18の投稿を転載させていただきました。

uni

Posted by uni

特に、自分の周りに不動産投資をしている人もおらず、実家も資産家ではなく、私の父はサラリーマンという平凡な家庭で育ったにも関わらず、なぜ現在に至ったのか、を書きます。 不動産投資とは、関係ない話もありますが、見てやってください。 2015年5月現在、3棟37室所有しています。 海外投資にも関心があり、上海にマンションを購入したこともあります(2007年に売却済み)。 色々あり、2016年3月で、22年間のサラリーマン生活を卒業しました。 2017年3月から5週間、フィリピンに語学留学しました。 肝心の英語力は・・・、そんな野暮なこと聞かないでくださいね(笑)! 2016年6月に高齢者向けマンションを買いました。 これは、親用に買ったんですが、すぐに入院してしまい、住めなくなってしまったので、今は、賃貸に出しています。 性別 男性 血液型 O 出身地 大阪府 居住地 奈良県 ステータス 既婚