Business, finance, savings, property ladder or mortgage loan concept : Wood house model on computer laptop

融資期間は短い方が儲かりやすい? 〜思考は現実化する!

物件購入時に数百万円の節税ができる方法を知りたい方はこちらをクリック!


不動産投資 ブログランキングへ

 

トヨタとソフトバンクが提携しましたね。
つづきは編集後記で!

それでは、今日は、
「融資期間は短い方が儲かりやすい?」
です。

通常、キャッシュフロー目的の不動産投資だと、
融資期間をできるだけ長くしようとします。

でも、出口まで考えると、融資期間は短い方が、
最終的な利益は大きくなります。

なぜなら、融資期間が短い方が、全期間の利息が少なくなるからです。

加えて、売却時には、残債もその分少なくなっているので、
手残りも多くなります。

ただ、逆に運営している時は、より多く元金を払わなければいけないので、
バランスを考えることが重要ですね。

僕の4冊目では、この点についても詳しく解説しています。

「もう失敗しない!間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略」

読者限定特別プレゼントは、常時申込みできます。

プレゼントは、【定価5万円相当】のREITISS(リーティス)を活用した
「不動産投資コンサルタント1日養成講座」スタッフ向け研修動画。

この教材は、【5時間半】のボリュームで、これを見れば、
より書籍の内容が深く理解でき、さらに不動産投資の成功に近づくと思います。

⇒ http://tax.kanae-office.com/present2017.html

そして、Amazonレビューして頂いた方には、さらに特典を用意しています。

その特典は、税金塾Vol.96 不動産専門税理士 萱谷有香の

「不動産投資の成功は減価償却費の使い方で決まる!」

のセミナー動画です。

この動画では、次のような内容を学ぶことできます。

・不動産賃貸業における節税対策とは?

・減価償却とは?

・減価償却費の制度

・不動産投資における減価償却費の使い方とは?など

レビューの数も40件となりましたが、まだまだ受け付けてますので、
良い意見でも、悪い意見でも、どしどし書いてみてくださいね。

⇒ http://tax.kanae-office.com/present2017.html

リピーター続出!読者数計4万5千部のメルマガ広告のご案内


不動産投資 ブログランキングへ
——————————————————————————–
【編集後記】 ~提携
——————————————————————————–

 

先日、ニュースでトヨタとソフトバンクが提携したと報道されてました。

提携の目的は、モビリティサービスの構築だそうです。

ニュースでは、商用電気自動車(EV)「イーパレット」が紹介されてましたが、
店が自動運転で家の前に来てくれるなど、すごい世界を想像しているようです。

今後の動きが楽しみです。

 

編集部より:この記事は   思考は現実化する!   様の2018/10/06の投稿を転載させていただきました。