Asia Business concept for real estate and corporate construction - panoramic modern city skyline bird eye aerial view of tokyo tower and odaiba under blue sky in Roppongi Hill, Tokyo, Japan

世界中が東京不動産を買う予感 〜Manachanブログ―世界で不動産を買おう!

こんにちは、Manachanです。いつもご愛読ありがとうございます。

つい数日前まで、私はスペイン•バルセロナで、国際不動産業界のシンポジウムに出てました。ヨーロッパやアメリカを中心に、北はアイスランドから南はニュージーランド、南アフリカまで、世界各国から約70社が参加する大型イベントでしたが、百名を超える参加者全員を前に行われた「基調講演」の内容に、私はぶったまげました。

– アジアでこれから面白くなる不動産マーケットは、ずばり「東京」。

– オリンピックを控えた東京ではエキサイティングなことが起こりつつある。

– 経済もようやく回復し、自信(Confidence)が戻りつつある。東京の不動産価値も直近で9.4%上昇中。

– しかも東京不動産は、同じアジアの香港やシンガポールと比べて割安感がある

 

私はこれを聞いて、「東京の優良不動産を全世界向けに売るっきゃない」と思いましたね。中華系だけではなく、むしろ欧米系のお客様にチョイス、マーケティングして売れるようにしたい。

それにしても、彼らの着眼点は、日本でよく聞く話とは真逆ですね。日本人の不動産評論家や投資家が良く言うのは、「オリンピック後、東京の不動産市況は腰折れする」、「これから日本は人口が減って空室も増え、不動産価値は下がる一方」みたいな悲観論が多いですが、これに対して私が思うこと、

・不動産に関して、日本全体と東京は明らかに違うマーケットでしょ?

・東京マーケットに関していえば、日本人の言うことより外国人の方に説得力を感じる。なぜなら前者は日本しか見てないのに対し、後者は「グローバルな都市比較」の視点があるから。

・世界の不動産投資マネーは「国」よりも「都市」で動く面が大きい。同じアジアの香港やシンガポールよりも東京の不動産が安く買えて、かつ、東京が都市機能的に劣らないのであれば、割安感を求めて資金流入は大いにありうること。

 

客観的にみて、東京が香港シンガポールに都市として劣ることはありません。都市圏人口・総生産、Fortune Global 500企業の本社数、都市総合力の世界ランキング、インフラ…現時点で東京は間違いなく、アジア・世界でトップ都市の一角に入ります。

 

JLL世界都市の類型をみても、東京は香港やシンガポールと同じく「世界のビッグ7」に入っています。

 

「アジアのスーパー世界都市」東京の都心部不動産価格に割安感があるのか、私の感覚的にいうと、

・香港と比べれば、明らかに割安です。

・シンガポールと比べれば、ほぼ同じかなあ~。でも、シンガポールで外国人が不動産買うと約20%の印紙税がかかり、東京ではそれが無い分、割安にみえそう。
今年2月、私はシンガポール都心部で、Tanjong Pagar駅直結のタワマンWallich Residenceはじめいくつかのレジデンスを内見しています。当時の感覚値は、「シンガポール都心部レジの値段は、坪@700万円くらい」(22,000~26,000 SGD/Square Feet)だったので、いま東京の港区あたりで@700万円で同等物件が買えれば、少なくとも20%印紙税分は割安ということになる。

そこで、REINSを叩いて、港区でお金持ちが買いそうなエリアのマンション在庫・成約価格を調べてみました。そこで見えてきたこと、
・港区の赤坂、南青山、虎ノ門といった一等立地で、出し値レベルでは坪@1000万円超のプレミア物件(虎ノ門ヒルズレジデンス、パークコート檜町ザ・タワー等)がいくつかあるが、プレミアでない通常の新築・築浅マンションだと坪@500~600万円台がせいぜい。

・麻布十番、広尾、高輪、白金、南麻布といったエリアになると、地域トップ物件でも@700万円台いくかいかないかで、その他は@500万円を切るレベル(その代わり、広尾あたりだと築が古くなっても値下がらないという副産物があるが…)
つまり東京都心でも、超プレミア物件以外は高くてもせいぜい坪@700万円で、シンガポールのオーチャードや金融CBD地区とほぼ同等レベル、印紙税分だけ割安感あるように感じました。香港などはシンガポールの倍みたいな世界だから、それと比べれば虎ヒルでさえかなりのバーゲンに見えてしまいます。オリンピックを控えて世界の富裕層にもっと注目されそうですね。

なお、港区以外の千代田区、中央区、江東区まで、REINS事例を一通りみてみました。思ったこと、

・千代田区は港区の一部のような超プレミア物件が乏しい代わりに、築古になっても資産価値が底堅く、坪@300万円を切るものがあまりない(港区には@200万円台が結構多い)。飯田橋や市ヶ谷は特に強くて、築浅中古で@500万近くで売れたりする。番町アドレスだと中古で@600万円いくこともあるので、赤坂・南青山レベルに近い千代田最強の戦闘力といえる。

・中央区は港、千代田と比べると品等が落ち、坪@500万円を超えるレジが数えるほどしかない。区内では佃のリバーシティは中古でも資産価値が底堅い。勝どき、晴海は築10年以内の中古成約がものすごく多く、需要の旺盛さを感じるが、坪単価は@300万ちょっとの実需レベル。あと、「水天宮前>小伝馬町」、「佃>月島」みたいなミクロな序列があるのが面白い

・江東区は…(ノーコメント。データ見てるうちにボルテージ下がってしまう。ああ俺はなんて庶民的なエリアに住んでるんだ!)。

 

編集部より:この記事は   Manachanブログ―世界で不動産を買おう!   様の2018/10/04の投稿を転載させていただきました。

manachan

Posted by manachan

私は東京・東陽町に住む、二児の父です。 本業-ITエンジニア 1997/3 IT業界に参入。第二新卒として東京で就職 (勤務先:米系ITコンサル大手、職種:プログラマ) 2000/5 豪州に移住し、シドニーで現地就職 (勤務先:米系ITサービス大手、職種:開発・サポートエンジニア) 2005/2 中国・大連へ移住・就職 (勤務先:米系ITサービス大手、職種:チームリーダー) 2007/4 東京へ移住・就職 (勤務先:インド系ITサービス大手、職種:プロジェクトマネジャー) 2009/6 東京で再度転職 (勤務先:ドイツ系印刷機器大手、職種:IT部門長) 2013/2 サラリーマンを卒業、自営に これまで働いた国:5ヶ国(日、豪、中、米、印) 仕事で使う言葉:4ヶ国語(日、英、中、韓) 副業-不動産経営 1998/9 千葉県柏市で3LDKマンション取得(2011/11 売却) 2002/8 豪州シドニーで3部屋一戸建て取得 2005/1 豪州シドニーで2部屋マンション取得  2008/1 福岡県で1Kマンション取得 (2010/7 売却) 2010/1 愛知県一宮市で1Rマンション取得(2012/12 売却) 2010/7 愛知県名古屋市で1Rマンション2室取得(2012/12 売却) 2010/8 山梨県甲府市で1Rマンション取得(2011/6 売却) 2010/8 北海道千歳市で1LDKマンション取得 2010/11 フィリピン・マカティ市でStudioマンション取得 2011/2 フィリピン・マンダルヨン市で2部屋マンション取得 2011/5 福岡市で1棟6室マンション取得 2011/8 フィリピン・パラニャーケ市で2部屋マンション取得 2012/2 千葉県柏市で1DKマンション取得 2012/4 米国ミシガン州で戸建取得 2012/4 タイ・パタヤでStudioマンション取得 2013/4 千葉県松戸市で1棟6室アパート取得 合計:5カ国20室 (日本2棟13室、豪州2室、フィリピン3室、米国1室、タイ1室) メルマガ名:世界どこでも不動産投資 http://www.mag2.com/m/0001089042.html 自己PR 4ヶ国語を話します(日、英、中、韓) オーストラリア永住権を持っています