Sad woman showing her wallet with money dollar banknotes flying out away

新築家賃が爆裂下がるそのカラクリ! 〜大家になる.JP

 

新築アパート&マンションは
「新築10年でもっとも下がる」
という説があります。

そもそも家賃がどうして
下がるんでしょうね?

僕の独断を語ります。

昨今の新築サブリース案件は
「家賃水増し」という噂も聞きます。

かぼちゃの馬車は「家賃倍盛り」はやりすぎでした。
しかし「1.1~1.2倍盛り」なんて普通にあると思います。

1.2倍盛りだったら間違いなく
10年以内に2割近くは下がりますね。

見方を変えましょう。

人口1万人の島に「自分だけ」
アパートを建てたらどうなのか?

きちんと賃貸ニーズがあり
その後、10年アパートが
建たないと仮定します。

10年経ってもそのアパートは
「最新物件」です。

こういう物件が新築10年で
値下がりするでしょうか?

たぶんしません。

どんな商品も値下がりは
供給が需要以上で
在庫がダブつくからです。

なので本来、新築不動産投資は
需要>供給で賃貸ニーズがあるエリア
他の人の供給が少ない間取り
という後から変えられない部分に
こだわった方が良いと思います。

僕は自分も新築を企画しますが
「目標に達しないならやらない」
それくらいの気持ちが大切だと思います。

それではごきげんよう。

編集部より:この記事は  大家になる.JP    様の2018/09/05の投稿を転載させていただきました。

成田 勉

Posted by 成田 勉

1966年11月生まれ。名古屋出身。 良質計画合同会社 代表社員。 資格:日本不動産コミュニティ「J-REC公認コンサルタント」、宅地建物取引主任士、第2種電気工事士、調理師免許、アマチュア無線免許。 不動産投資家として多くの手法を実践し総投資138戸に及び現在8棟98戸家賃年収8000万円、キャッシュフロー3000万円。講演家、ゲストハウス「みゆき旅館」経営。「家主と地主」オーナーズコラム執筆、2010年賃貸住宅フェア講演、エイブルオーナーズセミナー、岡山大家塾、東京大家塾、広島大家塾、福山大家塾、北海道大家塾など講演実績多数。 元認可外保育園園長、トマス・ゴードン博士の親業訓練講座、岸英光のコーチング、家庭心理学を学び多くの子育て経験から「子どもがイキイキ伸びる方法」を提唱。