High angle view of paper car and sharing text on wooden table

カーシェアを物件に導入します 〜早期リタイア研究倶楽部(経済的自由に向けて)

ティーキャピタルです。

昨日は福岡にて一仕事終え、アパートの駐車場のカーシェアリング提案を受けておりました。

博多駅から10分以内に立地してますが駐車場3台のうち2台が全然埋まらない状況だったんです。

最近の1kに住む客層の方は車を所有しない傾向にあり収益が下がっていたわけです。

カーシェアはオーナーにとっては入居者や物件の大きな差別化につながり、かつ空車の心配もなくなり一石二鳥。

入居募集が楽になること間違いなし。決め手が出来たわけです。競争の激しい福岡でこれは大きな差別化となります。

私も個人的にタイムズのカーシェアの法人会員になっており出張や出先でタクシーでなくタイムズのアプリでカーシェアの駐車場を検索し、その場で15分単位で予約して周辺調査に使っております。

 

 

設置の話しを頂いた日にたまたま福岡出張とかさなり、出張の隙間時間に打合せと充実した1日でした。

タイムズ24はカーシェア業界シェア70%、会員すうは96万人で前年比123%となっており更なる成長が見込まれシェアリングはまだまだ伸びると予想してます。

生き残りには物件の差別化ですね。

編集部より:この記事は   早期リタイア研究倶楽部(経済的自由に向けて)   様の2018/09/04の投稿を転載させていただきました。