fukuda_sakamoto_web

不動産投資ライブラリー編集長トーク!株式会社オークハウス福田智保さん

5月8日~10日に、22年ぶりに誘致が成功した福岡ITSアジア大会が開催されました。先端技術を産業や社会生活に取り入れ、経済発展と社会的課題の解決を両立していくSociety 5.0の実現を目指す日本。サイバー空間とフィジカル空間(現実世界)とを融合させた取組により、人々に豊かさをもたらす「超スマート社会」を実現させるために国内で現在進行している政府、各省庁の一連の取組みが紹介され、福岡県知事も登壇し、盛況のうちに閉幕しました。

その熱さ冷めやらぬ翌11日と12日には、九州シェアリングサミットが開催されました。主催は、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師でもある森戸 裕一氏が事務局長を務める「九州シェアリングエコノミー推進協会」。場所は、福岡市天神の官民協働型スタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」。旧大名小学校跡地を活用したこの施設は、500校の廃校が予想される昨今、廃校サミットを主催されている石丸修平氏が事務局長を務める福岡地域戦略推進協議会(FDC)の拠点にもなっています。

行政からはシェアリングエコノミー(以下、シェアエコ)に積極的な福津市の松田美幸副市長が登壇、民間からはANAやIBMなどの企業が協賛、市民参画型のMICE新業態イベントとして学生主体の運営がされ、官民、世代、職種などの垣根を超えて、九州をシェアエコで盛り上げたいという想いのもと、各地から集結。11日のプレイベントには100名、12日の本イベントには300名にも及ぶ参加者が、函館、福島、東京、湘南、熱海、名古屋、関西とセブからも駆けつけ、熱いイベントになりました。

日本最大のシェアハウス運営会社である株式会社オークハウス。その規模は2013年に3000室だった部屋数が2018年現在、約7000室までに拡大しています。“婚活シェアハウス”としてメディアで話題になった260人が住む『ソーシャルレジデンス蒲田』を始め、260棟を運営・管理しています。今回は、九州シェアリングサミット2018に参加するために来福されていたパートナー事業本部長の福田智保氏にお話をお伺いすることができました。

シェアエコのフロントランナーであるオークハウスさんの取り組み、想い、そして今後のヴィジョンとは?

坂本>> オークハウスさんのシェアハウスは、外国人が多いとお聞きました。

福田>> オークハウス全体の入居者の性別は男性55%女性45%のほぼ半々、年代は20代が53%、30代が33%、40代が9%、入居者の国籍は日本人と外国人のほぼ半々で、韓国人、アメリカ人、台湾人など多様な国籍の外国人と生活を共にし、コミュニケーションできることも魅力です。コミュニティを管理するハウスマネージャーは全員バイリンガルで、外国人も入居がしやすい環境づくりがされています。もともとは連帯保証人制度がネックとなり賃貸物件を借りることが難しかった外国人と帰国日本人向けの外人ハウス(ゲストハウス)として始まったオークハウスの原点は今も息づいています。私自身もオーストラリアでのゲストハウス経験があり、先日、娘と一緒にオーストラリアへ旅をし、18年ぶりにシェアメイトと再会しました。衣食住を共にした仲間との若かれし頃の濃厚な時間が思い出されました。

坂本>> 年代、職業、国籍などを超えて生活を共にする経験は、第二の青春とも言えますね。

福田>> オークハウスではソーシャルレジデンスと言って、住居にスタジオなどを併設し、住むだけでなく一緒に楽しみ成長していく場作りをしています。現在、『ソーシャルレジデンス蒲田』は空き待ちの状況ですが(入居状況は変動します)、住人は260棟の物件を自由に移動することができ、多種多様な住人同士交流することができます。

画期的な賃貸スタイル

坂本>>オークハウスさんでは、ユニークな賃貸スタイルを導入されていると聞きました。

福田>> オークハウスでは、他にはない新しい賃貸スタイルとして、敷金・礼金・保証人なし、仲介手数料ゼロ、家具・家電付きで、収入や属性、国籍による制限を設けていません。保証金を預け入れると金額に応じて、毎月の家賃が割引かれる『新スマート会員制度』があり、例えば、100万円の保証金で月々6,500円の割引を受けることができます。

そして、入居者とオークハウスに興味のある人を対象にした『オークメンバー』という会員制度に登録しておくと、入居時にすぐに使える2,000円(H30/12/31まで)分のポイントPAO(パオ)が付与されます。また、『オークワーカー』としてオークハウスと一緒に仕事をするとPAO(パオ)が付与され、家賃がディスカウントされます。

坂本>>まさにオークハウス版仮想通貨とも言えるような画期的なペイメントシステムですね。

福田>> 今後は福岡にも進出したいですし、福岡をハブにアジアにも展開していけたらいいですね。fukuda_sakamoto_web

“Academiaというヴィジョン

坂本>> 海外展開も視野に入れつつ、日本のシェアハウス事業のパイオニアとしてオークハウスが目指すヴィジョンは何なのでしょうか。

福田>> 創業者の山中(株式会社オークハウス会長/山中武志氏)が、随分昔にコミュニシティという会社を作ったんです。コミュニティとユニバーシティを掛け合わせた造語なのですが、シェアハウスと教育を融合させたいという構想を一貫して持っています。最近では、セブ島留学で知られるQQイングリッシュとコラボしたリアルな英会話教室を開催しました。今後は“Academia(アカデミア)”という言葉をコンセプトに、学校では教えないような、例えば金融リテラシーの講座など、住人の中にも様々な分野のプロフェッショナルの方々がいますので協働して成長できる場づくりをしていきたいと考えています。

まとめ

アジアからの玄関口として、シェアリングエコノミーが盛り上がっている福岡。その福岡でもシェアハウスの需要は高まっています。弊社運営のシェアハウスひだまり大濠公園前(※現在満室)は現在、外国人入居者は1割ですが、今後はより多様な住人の入居が増えていくでしょう。福岡のみならず九州でのシェアハウス事業はどのように展開して行くのか新たな展開が予見される楽しみな対談となりました。オークハウスの物件とシェアハウスひだまり大濠公園前の詳細は下記の公式サイトからご覧ください。

オークハウス:  https://www.oakhouse.jp

シェアハウスひだまり大濠公園前:  http://sharehouse-hidamari.com/house/福岡市シェアハウスひだまり『大濠公園前』