michigoe_sakamoto_web

不動産投資ライブラリー編集長トーク!株式会社BEYOND 道越万由子さん

5月8日〜10日に22年ぶりに誘致が成功した福岡ITSアジア大会が開催されました。先端技術を産業や社会生活に取り入れ、経済発展と社会的課題の解決を両立していくSociety 5.0の実現を目指す日本。サイバー空間とフィジカル空間(現実世界)とを融合させた取組により、人々に豊かさをもたらす「超スマート社会」を実現させるため国内で現在進行している政府、各省庁の一連の取組みが紹介され、福岡県知事も登壇し、盛況のうちに閉幕しました。

その熱さ冷めやらぬ翌11日と12日には、九州シェアリングサミットが開催されました。主催は、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師・森戸 裕一氏が事務局長を務める「九州シェアリングエコノミー推進協会」。会場は、福岡市天神の官民協働型スタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」。旧大名小学校跡地を活用したこの施設は、500校の廃校が予想される昨今、廃校サミットを主催されている石丸修平氏が事務局長を務める福岡地域戦略推進協議会(FDC)の拠点でもあります。

行政からはシェアリングエコノミー(以下、シェアエコ)に積極的な福津市の松田美幸副市長が登壇、民間からはANAやIBMなどの企業が協賛、市民参画型のMICE新業態イベントとして学生主体で運営がされ、官民、世代、職種などの垣根を超えて、九州をシェアエコで盛り上げたいという想いのもと、11日のプレイベントには100名、12日の本イベントには300名もの参加者が函館、福島、東京、湘南、熱海、名古屋、関西、セブからも駆けつけ、熱いイベントになりました。

シェアエコの先頭を走る登壇者の方々のトークはどれも大変興味深いものでしたが、今回は、第3セッション“民泊×インバウンド×クラウドファンディング”に登壇された、道越万由子さん(株式会社BEYOND代表取締役/社団法人JIFインバウンド連合会副幹事長/茨城県公式PR広報アドバイザー/SNSマーケティング・インバウンドマーケティングプロデューサー)にインタビューしました。

 

シェアエコのフロントランナー・道越さんの取り組み、想い、そして今後のヴィジョンとは?

 

道越さんが代表を務める株式会社BEYOND。その主な事業は、海外のインバウンドビジネスを伸ばしていきたい日本企業のSNSの運用代行です。クライアントは地方自治体に加えて旅館やホテル、テーマパーク、空港等のインバウンドで集客したい企業です。売り込みたいターゲット層は、東南アジアと欧米を中心に、6、7割は台湾・香港・韓国などの東アジア圏の外国人観光客だということです。

 インバウンド集客にかかせないフェイスブック

坂本>> SNS、特にフェイスブック(以下、FB)に注力して集客をされていますね。

道越>> FBの利点は、圧倒的なユーザー数とターゲティング広告の精度の高さです。東アジアの利用率は8割以上です。世界中の狙ったターゲット層に情報発信ができます。FBは世界中の人の行動履歴や行動パターンをビッグデータとして取っていてそれを広告メディアに解放してくれています。そのパターンは6兆通り以上あると言われていて、多言語展開されています。例えば、日本に興味のある年収1億円以上のベトナム人の富裕層向けに情報を発信することができるんです。それをうまく使って運用していくことです。

坂本>>  逆に、日本はFBがトーンダウンしているように感じますが……。

道越>>  FBのエンジニアさんも日本が一番FBを活用できていないと言っていました。SNSマーケティングは日本が一番難しいです。広告単価も日本が一番高いです。実名制のFBでは変な投稿はできないし、いいね!もしにくい。海外は真逆で、自分が興味があることを周囲にアピールしたい人が多いです。海外の方は興味があると反応があります。SNS経由だと気軽に問合せしやすいんです。それを丁寧にやりとりすると予約に繋がります。うちは多言語コンシェルジュチームがありますので、英語中国語、その他の言語もカバーしながら予約や購入につなげていくというやり方を取っています。

人とは違うところに行きたいリピーター

坂本>> 第3セッションで一緒に登壇された大津山さん(大津山訓男氏/アットマークベンチャー株式会社代表取締役)によると、初めての旅行者はゴールデンルート(東京、大阪、京都)をめぐり、リピーターは九州から入る方が多いということでした。

道越>> 台湾・香港はリピーターが8割です。2回目以降はもっとディープなところやみんなが行ったことがないところに行きたいと思うようですね。今後五島列島のPRに力を注いでいく予定です。五島のように特色がある土地は、PRしやすいです。

michigoe_sakamoto_web2

五島列島の魅力

坂本>> 名刺には出身地が千葉と長崎の五島列島と書かれているんですね。

道越>> 私自身生まれ育ったのは千葉ですが、両親が五島列島の出身です。五島列島を含め長崎はこれから世界遺産になる予定です。飛行機は博多と長崎から、フェリーは長崎と佐世保からアクセスできますが、これまで外国人観光客はほとんど来ていませんでした。世界遺産になると認知されるので、興味がある外国人観光客にPRしていけたらと考えています。

坂本>> 五島の売りは何ですか?

道越>> 海と魚ですね。海の色が沖縄とはまた違って深い緑色をしていて本当にきれいです。景色が圧倒的に美しいですね。

坂本>> キリスト教の建物なども含めて五島の景観は外国人観光客の方に受けそうですね。

道越>> そうですね。神父さんがいらっしゃいますし、キリスト教文化は今も残っています。昔に隠れキリシタンが作った洞窟の中の教会を訪れるツアーがあります。クルーズ船で洞窟まで行き洞窟に入っていくというまるで冒険のようなツアーです。

坂本>> 他にはどんなアクティビティがありますか?

道越>> 五島うどん作りを体験できます。五島うどんは3大うどんの一つです。讃岐、稲庭に比べるとまだ認知度が低いですが、最近は都内の高級料亭のしめで出てきたりするようになりました。上品なアゴだしが受けているようで、すごく美味しいです。太さがそうめんとうどんの中間あたりで、海外の方にも食べやすいと思います。

坂本>> うどん作り、良いですね。旅行中じゃないとそういう体験はできないですよね。

道越>> 地獄炊きといって、作ったものを釜でその場で炊いて食べられます。名入れしてお土産用に送ってくれたりもします。牡蠣なども採れるのでBBQをしたり、マグロの一本釣りをしたり。

坂本>> 一本釣りですか!

道越>> インスタ映えします(笑)。去年、東京の有名シェフと五島に行ったのですが、素材が良いだけにそのまま食べてしまう。それだけではもったい無いので、シェフにプロデュースしてもらって東京で五島の食を発信していくこともやっています。外国人観光客は日本食と地酒への期待値が高いんです。

坂本>> 最後に今後の展望についてお聞かせください。

道越>> これまではSNSでの発信がメインでしたが、今後は現地に拠点をおき、現地の方々と協力しながらリアルとSNS両方で発信していきたいです。2019年の4月に五島列島に拠点を置く予定です。一時的ではなく、持続可能なファンを作りながら五島というブランドを世界に発信していきたいですね。五島は過疎で、若者がいたくても島にいられず外に出てしまいます。ですが、大きく生まれ変わるチャンスでもある。土地の良さを武器にしてアピールしていけば、今、地方はチャンスだと思います。

道越万由子

新卒から10年以上IT業界でWEBマーケティングに従事し、インバウンドPR・集客プロデ ューサーとして活躍。株式会社オプトでSEMコンサルタント、トレンダーズ株式会社にて PRプランナー、ベンチャーにてECコンサルタントを経て、2015年より、海外・SNSマー ケティング事業を立上げ、自治体や大手企業の海外マーケティングの運営やインバウンド集客の100社以上のプロデュースに携わる。20169月に、インバウンドPRに特化したマーケティング会社である株式会社BEYONDを設立し、代表取締役に就任。また、現在は日本のインバウンドをSNSで盛り上げるため、社団法人JIF日本インバウンド連合会の理事なども務め、全国の自治体や企業向けにも多数講演を実施している。

株式会社BEYOND: http://beyond-global.jp

株式会社BEYONDのサービスの資料の無料ダウンロードはこちら https://service.honichi.com/services/beyond-global