Businessman working using laptop computer with strategy and growth of business on screen

確実に資産を増やす方法〜入居率29%でも回る非常識な不動産投資

椙田(すぎた)です、

雇用問題、ワーキングプア、2025問題…
社会を取り巻くお金の問題は様々です。

こんな不安定な時代だからこそ、
「資産を増やしたい」と思う人が
年々多くなって来ています。

資産を増やす方法として、
「投資」や「副業」などありますが、
具体的に何をすればいいのかわからない
という人も多いのが実情のようです。

どこから情報を手に入れ、
どう行動すればいいのか。

そこで資産を増やす前に、
今すぐにできる、
精度の高い情報を手に入る方法を
4つ紹介します。

 

-1. 成功者を模倣する-

皆さんは情報を入手する時、
まずインターネットを使うと思います。

そこには様々な、
資産を増やす方法が載っています。

しかしこれらは企業の思惑が入っており
信憑性に欠ける情報も多く含まれます。

そこで確実な方法なのが、
「その道の成功者のマネをする」ことです。

なぜ成功者のマネをするのか?それは、
「実績を残している事実がある」からです。

実績こそが証明であり信憑性なのです。
その道の成功者のマネをすることで、
最短距離で成功への情報を
手に入れることができます。

 

-2. 読書をする-

自己投資の中で最も、
ローコストでハイリターンなのが
実は「読書」です。

たった1500円程のお金で
著者の何十年分の経験に基づく
ノウハウが手に入るのです。

成功者に直接会い、
教えを乞うとしたら、
膨大なお金が必要となるでしょう。

本であれば、
いつでもどこでも低価格で
著者と語り合うことができます。

世界的投資家のウォーレン・バフェットは
1日500ページにもおよぶ本や資料を
読了するといいます。

他にも、マイクロソフトのビルゲイツ、
facebookのマーク・ザッカーバーグも
読書家として知られています。

このように成功している人は、
例外なく本を読んでいるものです。

 

-3. 付き合う人のレベルを上げる-

よくその人の年収は、
その周りにいる5人の平均値の
近似値になるなどと言われます。

会社の仲間、友達などの平均値が
あなたの年収なのです。

つまりこの平均値を底上げすることが、
年収を上げる方法に直結します。

具体的な方法としては、
成功者の主催する集まりや
セミナーに参加することです。

そこには、成功者本人だけでなく、
その知り合いの方も集まります。

そこで人脈を築けたら、
自分の平均値を底上げできる
ということになります。

自らそうした場所や環境に赴き、
身を置くことが重要なのです。

 

-4. メンターを持つ-

メンターとは、
「仕事や人生の指導者」のことです。

主に精神的なサポートをしてくれる存在で、
第一線で活躍している人は皆、
メンターの存在があると言われています。

しかし、
メンターになってくれる人はそうはいません。
そんな時は、自分の好きな著者を
勝手にメンターにするのです。

自分と同じ境遇で成功した人や、
読むだけで元気になる書籍の著者を
メンターにすることで、
心の安定を保つことができるのです。

それは、
実際にメンターを持つことと
同等の価値があるのです。

資産の増す方法は数ある中、
なかなか行動に踏み切れない人がほとんどです。

今日ご紹介した方法は、
今すぐできてお金もそれほどかからないという、
費用対効果の高い方法です。

それらを皮切りに実際に投資したり、
副業を始めたりと、
目的の行動に移すことができるのです。

まずは質の高い一次情報を
手に入れることが最優先です。

 

公けには書けない内容は、LINEで情報発信してます。

まだ僕のLINE@に登録していない人は

今すぐに登録しておきましょう。

↓ ↓ ↓
友だち追加

 

編集部より:この記事は  入居率29%でも回る非常識な不動産投資 様の2018/5/4の投稿を転載させていただきました。

入居率29%でも回る非常識な不動産起業家@椙田(すぎた)

Posted by 入居率29%でも回る非常識な不動産起業家@椙田(すぎた)

この『入居率29%でも回る非常識な不動産投資』は、 僕の実体験に基く、不動産投資の軌跡を綴るブログです。 これは、実話です。 千葉県に所有しているアパートはかなり手こずりました(汗) 2011年3月、東日本大震災の直後くらいに、 非常識な指値を入れて格安で購入したアパートのため、 7室中2室でも融資の返済ができました。 入居率にして約29%です。 それで、こんなタイトルになりました。 ですが実際には、 このアパート、購入直後に滞納や退居が続出し、 購入から数ヶ月後には、とうとう入居が1室のみ、 という極限まで追い込まれることになります。 入居室にして約14%・・・ さすがに、これでは回りません(苦笑) いくらなんでも「これはマズい」と思い、 ありとあらゆる手を尽くして対策しました。 僕の不動産投資の師である恵比寿のIこと石原さん、 満室経営新聞編集長のけーちゃんこと寺尾さん、 空室対策のプロであるコンサルの尾嶋健信さん、 など錚々たる方々にアドバイスやご指導を頂きました。 それで、このアパートは今、満室まであと1室! というところまで来ました。入居率にして約86%! よくぞここまで回復したなあとしみじみ思います。 それでいま、湧いてくる感情は「感謝」のみです。 賃貸管理と入居付けをお願いしている管理会社の社長、管理部長、 店長、スタッフさんにも相当、無理を言ってがんばってもらいました。 このブログでは、その経緯と、 なぜ入居率29%でも回るくらい安い金額で購入できたのか? という点を中心に、記事を書こうと思っています。 ぜひ、読んでくださいね。