LOAN text and small model house and little tree with notebook, savings banking, loan for house and real estate concept idea.

建築中に新規融資を受ける為に〜福岡の元中卒サラリーマン不動産投資記録

昨年、私は3棟の新築RCマンションを竣工しました。
3月、10月、そして11月

その竣工の1年前〜半年前には
着工していますので
物件の仕込み活動はさらにその前に遡ります。

 

そのような時間軸の中で
建築中物件が重なっている最中に
さらに別の融資を昨年2つ頂いています。

一般的には建築物件が完成して
満室になったら次期物件を検討しますと
金融機関の多くは答えられると思うのですが

そこで私自身が、建築中にも関わらず
融資を出していただけたポイントというのを
今日は少し紹介してみたいと思います。

 

まず大前提として、上記のような
当たり前の金融機関のお話に加えまして
『投資スピードが速すぎる』

 

と言うことを伝えられる機会も当然あると思います。

 

そのような問いに対して私の場合は
次のように返答をしています。

それは『投資事業ではなく、賃貸事業の一環である』
と言うことを誠意を持って、熱意を持って伝える事です。

 

取り組んで頂く事が
どのような意味合いを持つのかを金融機関様に
ご認識をいただける事

これが取り組みにおける
大切な部分であると考えています。

そもそも論ですが、建築中に別物件を手がけるに
金融機関は何をリスクに見ているのでしょうか

物件建築中は、建物の評価が出せない事に加え
他行で進められている物件があるにも関わらず
新規建築を行う考えを理解しにくい
と言う事であり

正直・・・めんどくさいので可能な限り
このような顧客への事業融資の取り組みは避けたいと
言うのが本音ではないでしょうか。

 

では私がどうしてそのような状況の中でも
融資を受け入れてくださったのか。

 

その答えの一つとして
事業の進捗と目的ロードマップを活用しているからであります。

進捗というのは、事業年度を3年、5年、10年と
区切りを設けて、どのような進捗で物件を構築して行くのか
そのタイミングをシート化しているということです。

そして、進捗を進める目的を明確化した
事業スパンに沿った考えを資料として製作している事に加え

一つの事業における取り組みのコンセプトを作り
取り組む意味合いを単体で理解できるようなプレゼンを提供する事により

なぜ進捗に沿って取得活動を行う必要があるのか、
なぜそれは今なのか、どうして取り組む事が重要なのかを
明確化するというのものです。

 

一般的には、売上目標や、経営的指標があり
そこに向かって進む訳ですから、当然どのような企業や事業でも
指針は絶対に持っていなくてはいけません。

 

作っているけど
土地が出たから買いたい

これでは、どうしてですか?作っている物件が出来上がってで
良いのではないでしょうか?などの問いに答えられませんよね。

 

このような問いに対する考えを
しっかり伝えられる準備と真の意味のロードマップを構築する事が
定期的開発の融資を受け続ける為には最低限必要になります。

 

私は全ての金融機関様に対して
全ての法人、実績、保有物件の進捗
新しい他行の進捗などを説明しています。
(融資が降りてから報告、決まっていないお話は伝えても意味がない)

その内容を伝えること、告知義務があると考えています。
理解頂く努力を行えば、全ての金融機関担当様は
その上で、取り組みが可能なのかどうかを
検討してくれます。

途中で、聞いていなかった情報が出た時
心情的にどう思われるかを考えて行動しなければいけませんから

進捗、ロードマップ、事業単体のプレゼンなども
欠かせない活動であると思います。

 

尚、建築中物件を融資いただいている金融機関様にも
当然ヒアリングは行なって進めています。

『他行様で、資産の入れ替えに合意いただき、新規物件の取り組みの可能性があるが良いでしょうか?』

といった感じでお伝えしますと
前回などは、

他行さんが現状を踏まえて理解なさり取り組まれるのであれば
それは他行様のお考えですので、当行は問題ありませんと

答えてくださっています。

 

大抵の方々は
建築中物件があるので、取り組めないと
金融機関さまから言われています。

このように、一般的には難しいように思えるでしょうが
事業者として何を考え、どうして取り組むのかを
明確化する努力を行っていれば
不可能ではないという事になります

 

可能性を作り出すのも、見出すのも
やはり自分自身

意思を、思いを固め、
伝える努力がここでも当然大切なのではないかと
私は感じています。

 

健美家様に掲載頂きました大家列伝記事はこちら
【3年で家賃年収1億円。人のご縁と融資活用で人生を変えた「福岡の中卒サラリーマン大家」さん】
前編:https://www.kenbiya.com/column/retsuden/72/
後編:https://www.kenbiya.com/column/retsuden/73/

FB版 福岡の中卒サラリーマン不動産投資記録 画像などブログ以外の記事もアップしています
https://www.facebook.com/福岡の中卒サラリーマン不動産投資記録-1540203289535442

不動産投資Library記事 ブログ転載内容
http://f-library.com/daily/author/syu2nd/

 

編集部より:この記事は 福岡の元中卒サラリーマン不動産投資記録 様の2018/5/13の投稿を転載させていただきました。

Syu2nd

Posted by Syu2nd

福岡の中卒サラリーマンが実践する不動産投資記録です。 生い立ち、サラリーマン、福岡を中心とした不動産経営と これまで、これからを綴る内容にしたいと考えております。 不動産投資、経営は2013年より始めたばかりの初心者なので 諸先輩方を参考にさせて頂きながら、一歩ずつ学び進んで行こうと思います。 現在所有物件 福岡市  新築アパート 9戸 2015/9竣工(建築中) 1LDK 久留米市 築28年RCマンション 23戸 1K 熊本市  築30年RCマンション 21戸 3DK 福岡市  新築RCマンション 14戸 2015/2竣工 1LDK/2LDK      (2015/5/29 売却済み)