Alarm clock on laptop concept for business deadline, schedule and urgency

不動産投資家に必要なのは「行動のスピード」と「判断力」!!〜津崎哲郎の不動産投資帝王学

 

昨日、約3年前にコンサルをした方から久しぶりに連絡がありました。

とても熱心なご夫婦で本当に一生懸命勉強をされていました!

コンサルをした後に数件物件を紹介したのですが、購入までには至りませんでした。

それから徐々に連絡がなくなってきたので

「他の業者から購入されたのかな?」

程度であまり気にはしていませんでしたが、いまだに物件を購入できていないそうです!!

 

私のお客さんのランクの中ではA・B・Cの中ではB下ランクに属する方です!

それはなぜか?

今まで数物件を紹介したのですが、返事をされない方です。

私の場合は、同じ物件を多くの方に紹介することはありません。

なぜかというと、時間をかけて考えてほしいと思うからです。

「できれば1週間くらいで返事をください!」と伝えています。

お客様は断りにくいのかもしれませんが「今回は見送ります」とはっきり言ってもらうことも我々にとっては前進です!

いつまでも引っ張られることが迷惑です。

はっきりと断りを頂ければ次のお客さんに紹介することができます。

 

 

どこの不動産業者も同じだと思うのですが、このようなお客さんには物件資料を渡すのは後回しになっていると思います!

話を戻しますと

「まだ物件を購入できていません。最近は物件の価格も下がっているみたいなのですが、なにかいい物件はありませんか?」との事でした。

確かに物件の値段は下がっています。

しかし、それには原因があります。

融資が出づらくなったのですね!!

今まで不動産投資をしてきた方はハードルが低くはなっていますが、初めての融資付けは苦労します。

自己資金なしでは難しいと思います。

 

 

今まで、このお客さんにはチャンスが多くありました!

しかし、いろいろな情報を頭に詰め込みすぎて最終的に決断することができませんでした!

不動産投資にはいろいろな要素が求められます。

ある程度の物件を見ればだんだんと物件の良し悪し、自分に合ってるかどうかを判断できるようになります。

そして「これは!!」と思う物件に出会った時には、行動のスピードと判断が求められます!

物件を調べて、できるだけ早く「買付証明書」を仲介業者へ出しましょう!!

不動産購入は縁とタイミングです。

投資を始めるのに「いい時期」はありません。

また、自分が100%満足する物件もありません!

満足しない部分を自分自身でどのように小さくしていくか?

不動産投資は大家さんではありません!

大家業=仕事です!!

 

しっかりと考えて行動してください。

 

不動産投資は素晴らしい投資です!
一緒に悩みましょう!!

 

株式会社 ie’sコーポレーション

 

編集部より:この記事は 津崎哲郎の不動産投資帝王学  様の2018/4/5の投稿を転載させていただきました。

津崎 哲郎

Posted by 津崎 哲郎

不動産コンサルタントの津崎哲郎です。 昭和62年、バブル景気真っ最中に東京から熊本へ帰ってきました。 学生ながら東京でバブル景気を経験し「学生起業家」を気取って、簡単に言えば“ブローカー”をしていました。 売りたい人と欲しい人の仲介をする! 車・宝石・時計・家具・服etc・・・何でも仲介しました。 当時は何でも売れ、どんどん金額が大きい物を追っかけて行った結果が「不動産」でした。 当時は不動産に対する融資が緩やかで、金融機関も対象不動産を見ずにお金を貸す時代でした。 それからご存知の通り、バブルがはじけバブル時代を謳歌していた人たちは、塩を引くようにいなくなりました。 熊本に帰ってから、父親の会社に就職しそれなりに仕事はしていましたが、不動産の面白さが忘れられず“ブローカー”として、色々な不動産を仲介してきました。 もちろん、取引は宅建業者を通じて正規に取引をします。 不動産業は“情報産業”です。 情報を持っていない“業者”は廃れて行きます。 ですから私みたいな“ブローカー”が重宝されていました。 “ブローカー”と“正規不動産業者”の違いは何だと思います。 「宅建免許」を持ってるかどうかの違いだけです。 しかし、最近は書籍やSNS、ブログで色々な不動産情報を手に入れる事が出来ます。 情報を得やすい時代になってきましたが、「?」な情報も多く出回っています。 バブル景気時代からの生き残り、不動産の裏表を知り尽くした私が、損をしない不動産情報を発信しようと思います。