breather-196126-unsplash

どうして?戸建て賃貸住宅を勧めるのか⁉〜津崎哲郎の不動産投資帝王学

 

戸建て賃貸住宅

 

最近、戸建賃貸住宅を一押ししています。

新築で大家さんになりたい皆さんは、まずは戸建賃貸住宅を検討することをお勧めします。

 

特に地方の皆さんは是非検討ください!

 

中古で収益物件を購入する場合は、今までのようにアパマンでもいいと思います。

ただアパマンを購入する場合、まずは立地を一番に考えてください!

 

不動産投資初心者の皆さんはとにかく「利回り」に考えがいってしまいがちです。

利回りも重要です!

しかし、物件資料の利回りは色々な方法で上げることができます。

立地は動かすことはできません。

 

最近の収益物件の売買を見ていますと、言葉は悪いですが「ババ引き売買」的になって来ているように見えます。

最後の高値売り!を目指しているのでしょう!?

自分でしっかりと判断してください。

 

さて本題の「戸建賃貸住宅」へ戻ります。

 

 

 

なぜ?私が戸建賃貸住宅を一押しにするのか!?

 

色々な理由があります!!

何と言っても第一の理由は

戸建賃貸住宅の「需要と供給のバランス」が、圧倒的に需要が多いことです!!

 

 

現在、全国的にアパマンの供給過剰が話題になっています。

その結果、金融庁の指導でアパマンの融資も厳しくなって来ました!

空室率が20%近くになっているにも関わらず、いまだに供給がされています。

一括借り上げのサブリース会社も全国で裁判が起きています!

需要と供給のバランスが取れているときは、サブリースの家賃保証で十分やっていけたと思います。

しかし、これだけ全国で空室が増えている昨今そのバランスが崩れて家賃保証が厳しくなって来ました。

借り側特権を使ってオーナーに無理な家賃の引き下げ等々で約束を守らない・・・

大家さんは金融機関への返済が出来なくなって来ました。

結果、裁判沙汰・・・

厳しい意見ですが、これは双方に問題があると思います。

契約ごとですし、アパマン事業は仕事です!

他人に丸投げで、うまくいく仕事は早々ありません!!

 

賃貸住宅を選ぶ場合、借主は色々な部屋を選べますが貸主は自分の物件しか貸すことができません。

 

 

また、不動産会社も仕事です!

貸しやすい物件から紹介していきます。

 

このように自分ではなかなかコントロールできない様なことが色々とあります。

 

それに比べて「戸建賃貸住宅」はまだまだ需要に供給が追いついていません!!

 

中でも「戸建賃貸住宅」に特化した新築物件はほとんどありません。

以前長屋的に建設された物件や、住まなくなったマイホームの貸出が戸建賃貸住宅のほとんどです。

今も数件の戸建賃貸住宅を企画しています。

「立地」「収支バランス」「入居率」etc…

不動産は色々な条件の組み合わせです!

しっかりと計画しましょう!!

いつでもご相談ください。
一緒に悩みましょう!!

 

株式会社ie’sコーポレーション

 

 

編集部より:この記事は 津崎哲郎の不動産投資帝王学  様の2018/3/19の投稿を転載させていただきました。

津崎 哲郎

Posted by 津崎 哲郎

不動産コンサルタントの津崎哲郎です。 昭和62年、バブル景気真っ最中に東京から熊本へ帰ってきました。 学生ながら東京でバブル景気を経験し「学生起業家」を気取って、簡単に言えば“ブローカー”をしていました。 売りたい人と欲しい人の仲介をする! 車・宝石・時計・家具・服etc・・・何でも仲介しました。 当時は何でも売れ、どんどん金額が大きい物を追っかけて行った結果が「不動産」でした。 当時は不動産に対する融資が緩やかで、金融機関も対象不動産を見ずにお金を貸す時代でした。 それからご存知の通り、バブルがはじけバブル時代を謳歌していた人たちは、塩を引くようにいなくなりました。 熊本に帰ってから、父親の会社に就職しそれなりに仕事はしていましたが、不動産の面白さが忘れられず“ブローカー”として、色々な不動産を仲介してきました。 もちろん、取引は宅建業者を通じて正規に取引をします。 不動産業は“情報産業”です。 情報を持っていない“業者”は廃れて行きます。 ですから私みたいな“ブローカー”が重宝されていました。 “ブローカー”と“正規不動産業者”の違いは何だと思います。 「宅建免許」を持ってるかどうかの違いだけです。 しかし、最近は書籍やSNS、ブログで色々な不動産情報を手に入れる事が出来ます。 情報を得やすい時代になってきましたが、「?」な情報も多く出回っています。 バブル景気時代からの生き残り、不動産の裏表を知り尽くした私が、損をしない不動産情報を発信しようと思います。