Young man quit job. Happy businessman, freedom and success for male

奴隷リーマンをいつ辞めるのか〜早期リタイア研究倶楽部(経済的自由に向けて)

早期リタイア研究倶楽部のティーキャピタルです。

 

いよいよ年度末ということで奴隷リーマンの人事異動の季節となってしまいました。

 

私の奴隷リーマンとして臨んでないのですが役職が上がってしまったということで忙しくなってしまうということです。

 

その割には給料としてはいいとこ毎月1万円程度上がるだけということで、出世願望のない自分にとっては罰ゲームのようです。しかしながらここで役職があがらなければ後輩に追い抜かれるという一種の奴隷プライドもあり複雑な心境であります。

 

リタイアまでに必要な計画では、自宅のローンを実質0円にすることが第一前提となります。このため4棟目のアパートの残債があと7年、金額で1400万円くらいあるのでこれをどこかのタイミングで一括繰上げ返済すれば4棟目はローンがないアパートとなり満室なら毎月24万円程度は見込めます。

 

この4棟目は福岡の中州繁華街から徒歩5分であり築17年でも常に満室というところです。従って立地のよさから古くなっても安定が見込めるわけです。

 

住宅ローンが月13万円ですのでアパートの収入を住宅ローンに充てることで実質は住宅ローンも払い終えるということになります。仮に家賃が今の半額に下がっても自宅ローンはペイできるわけであります。既に家賃も下がりきっているのでそれはないかともおもいますが。

 

家賃を下げても埋まらないときには土地値でアパートを売却し全額を自宅のローン返済に充てるという長期的なシュミレーションもできております。

 

このため返済期間をあと7年のところを3年に縮小すべき努力しているわけで達成されればその時には50歳ということですね。

 

編集部より:この記事は 早期リタイア研究倶楽部(経済的自由に向けて)  様の2018/3/18の投稿を転載させていただきました。

ティーキャピタル

Posted by ティーキャピタル

2013年8月の暑い夏、早期リタイアに向けてカウントダウンすることを心に誓う。時期は遅くても6年後の2019年までに会社員を卒業を目指します。 「BIG tomorrow」2014年5月号に私のリタイア手法が紹介されましたのでこれを励みに情報発信もしていきたいと思います。