Asian man celebrate with smartphone and laptop computer, success pose. Business, job, or communication gadget technology concept. Night cityscape bokeh background with copy space

自分自身のキャリアを生かす:コミュニケーション能力〜福岡の元中卒サラリーマン不動産投資記録

不動産投資、賃貸経営において
私個人的にとても大切にしている事柄、想いとして
サラリーマンのキャリアを通して身につけたスキルの多くが
役に立っていると判断しています。

今日は
顧客志向、ユーザーフレンドリーである事の
重要さを記してみようと思います。

 

私が、賃貸経営や、土地取得などを
新参者でありながら
比較的友好的に進められている
理由の一つとして

常に顧客、相手を思った行動を
行えているという事実が背景にあると
複数の方々から伝えられる機会がありまして

そのような思考で取り組めている理由
背景を考えてみたところ、やはりサラリーマン時代に
経験して蓄積してきたコミュニケーション能力が
大きく影響していると判断をしている所です。

 

一般的なコミュニケーション能力というのは
すぐに色々な人たちと仲良くなれる事
などを想像される方も多いと思うのですが、

私の考えるコミュニケーションスキルというのは
全く違いまして、次のように考えています。

 

1、伝える、伝わる能力
2、聴く力、聴く姿勢
3、理解する力、アウトプットする能力
4、本心でぶつかる、本心を聴く、本心を見抜く能力
5、感情を読み取る力
6、感性、直感で空気感を感じる能力

このように考えていまして、コンピテンシーとして
対人スキルといえばそれまでなのですが

私は常に直球を素手で受け取る、直球を投げる力
であると考えています。

 

大会社の社長であれ、有名人であれ
私にとってみれば、一人間なのです。

よって、お世辞も不要、飾り言葉も不要

そのような言葉を並べて語りかける方は
上記のようなスキルがないと私は思うんです。

ですから、どんな方でも私は直球であり
素直に自分の言葉で、自分の意思を伝えるように
いつも心がけています。

このスキルは、私の賃貸経営において
大きく様々な部分に影響を及ぼしています

 

スキルが大きく生かされる局面というのは
交渉やクレーム対応などであり

これまで新築建設においては、近隣説明会に何度も参加し
自治会の方や、水利組合の方
隣地の方々と計画に対して

計画に納得がいかない状況であれば
罵倒や苦言が飛ぶ中、お話を聞き、相手の心の中で思っていることを
吐き出してもらいながら、理解し、妥協案や
期待に添えるような対応を常に行えている事が
後のトラブル回避や、近隣との円満な関係構築に役立っていると
実感しております。

 

また地権者との土地の取得においても
土地を長い間絶対に売らないと決めている方々に対して
こちらの考えを聞いてもらえるまでに
大変な時間がかかったりしたものです。

この件は、買います、売ってください と伝えると
絶対に進まないお話なので
やはり相手の土地に対する思い、歴史、考えなどを
聴く姿勢が大切でした。

 

不動産業者は、すぐに売ってくれ、いつまでに
買いては決まっている、どんなものができる

そんな事を地権者には伝え、納得させようとしますが
お金に余裕のある地権者は一切応じません。

そのような環境の中、お話を聞いてもらえる状況に
持ってゆくためには、上記に記したような
コミュニケーションスキルが必要であり
相手を思い、自分の思いを乗せた言葉を通して
対話を行う必要があります。

 

そんな私は
一般的なコミュニケーション能力が
実は大きく不足しています。

それは本心で直球で常に語れる方以外
仲良くなれないんです。人付き合いが苦手なんです。

ですので、特定の仲間や知人以外
多くの人様と広く付き合う事も苦手としています。

 

その大きな理由としてオーバースキルである部分が作用しているのです。

5、感情を読み取る力
6、感性、直感で空気感を感じる能力

この二つで相手の空気感を常に感じてしまうからなんです。
この件は、嫁さんも同じで
人の色が分かるために、あの人気をつけた方が良いと言った助言も
多くもらっています。

 

私も随分と分かるようになってきましたが
ここまでくるとサラリーマンスキルではないようにも
捉えられますが、この部分の成長を遂げたのは
やはりサラリーマン時代の営業としての数多くの場面からであります。

 

難しい人だと言われる人とは
常に誰よりも信頼されるように、その人のカラーを意識して
スキルを活かしたようなものです。
ですので、周りからどうやって攻略したのか
などを何度も聞かれたりしましたが
難しい人ほど、本心で常にぶつからねばいけないんです。

 

サラリーマン時代、無理難題な会社の目的達成の為に
理論的な交渉資料を数多く作ってきました。

その資料の根拠を元に、数多くの交渉も行いました。

しかし表立っての交渉場面では
一時は良いが、続かないものです。

 

私は過去、大きな交渉ごとに対して
資料を用いて、説明を開始したその場面で
資料を自らの手で破って

こんなものはどうでもいいんです!!!!!!
と言い放ち次のような伝え方をしたものです。

 

私はこの会社でこの局面で、どうしてもこれだけの実績を
あげないといけない。会社はこんな資料を持って
交渉するように仕向けていますが
資料の内容など結果から言って顧客のことなど考えていない。

しかし今回は私自身が責任を持って
これだけの事を行なって行こうと思うので
協力をしてくれないでしょうか

どのようにしてサポートするのか
取り組んだ時どのタイミングで現状の改善を図るのか
案を相談しながら、取り組むその姿勢を
直球でぶつけてきたものです。

 

とうぜんそれまでに足繁く通い、
信用を得られるような支援を行い続け
対話を多くし、余計な交渉ごとなどを一切行わないように
努力し続けました。

相手は交渉されるのが嫌いな方だと尚更です。

 

そんな私の実績は、会社のいう事を聞かなくても
多くの偉業を達成してこられました。

その全ては、顧客思考というコンピテンシーと
対人理解という能力であったと思います。

 

この部分は、サラリーマンが多く身につけている
色々なものを着飾る という部分を多くの脱ぎ捨てなければいけません。

 

いつか対人スキルに対しての話を
セミナーでも行いたいと思うのですが
そんな機会があれば・・・と考えています。

 

今日記した理由は、この能力はサラリーマンの経験が
長ければ長いほど、営業経験が多ければ多いほど
その能力を開花させる事ができると
伝えたかったからであります。

 

この事業は、誰でもできる可能性がありますが
やはり円滑な経営、事業者としての能力向上においては
私の思うコミュニケーション能力が大変重要になっていると
常に理解頂きたいと思っています。

 

そうはいっても・・・
私に足らない一般的に親しくなれる
る柔かい人付き合いが
できるような能力も意識しなければいけませんね。

 

健美家様に掲載頂きました大家列伝記事はこちら
【3年で家賃年収1億円。人のご縁と融資活用で人生を変えた「福岡の中卒サラリーマン大家」さん】
前編:https://www.kenbiya.com/column/retsuden/72/
後編:https://www.kenbiya.com/column/retsuden/73/

FB版 福岡の中卒サラリーマン不動産投資記録 画像などブログ以外の記事もアップしています
https://www.facebook.com/福岡の中卒サラリーマン不動産投資記録-1540203289535442

不動産投資Library記事 ブログ転載内容
http://f-library.com/daily/author/syu2nd/

 

編集部より:この記事は 福岡の元中卒サラリーマン不動産投資記録 様の2018/1/31の投稿を転載させていただきました。

Syu2nd

Posted by Syu2nd

福岡の中卒サラリーマンが実践する不動産投資記録です。 生い立ち、サラリーマン、福岡を中心とした不動産経営と これまで、これからを綴る内容にしたいと考えております。 不動産投資、経営は2013年より始めたばかりの初心者なので 諸先輩方を参考にさせて頂きながら、一歩ずつ学び進んで行こうと思います。 現在所有物件 福岡市  新築アパート 9戸 2015/9竣工(建築中) 1LDK 久留米市 築28年RCマンション 23戸 1K 熊本市  築30年RCマンション 21戸 3DK 福岡市  新築RCマンション 14戸 2015/2竣工 1LDK/2LDK      (2015/5/29 売却済み)