Housing image

相続した土地・使わない土地等々、戸建賃貸を検討しましょう!!〜津崎哲郎の不動産投資帝王学

01-53

熊本地震の影響か?

熊本県各地で空き地が多く見かけられます。

マイホームを再建したくても色々な事情で取りかかれない方もいらっしゃると思います。

また相続したけど遠方に住んでいる。

土地活用の知識がないetc.

不動産は所有しているだけでは、資産価値がどんどん減っていきます!

「固定資産税」と言う名の賃料を市町村へ納めなくてはなりません。笑

別に維持管理費等々・・・

しかし、アパマンを建てるのにも空室率が増えてると言うし・・・

躊躇されている方も多くいらっしゃいます。

そこで、まずは戸建賃貸住宅を検討していただきたい!!

 

 

02-53

 

 

土地を購入してまでも賃貸経営を始める方々が多くいます。

 

土地をお持ちの方はそのような方々に比べれば、建物を建てるだけなので投資金額が少なく
て済みます。

現在は技術の進歩で建築コストも抑えられています。

いい利回りで物件を運営することができると思います!

しかし・・・

どこでも大丈夫か?

建てることはできますが、入居や事業として考えた時にどうなるのか??

 

 

餅は餅屋!!

 

専門家にしっかりと相談をすることをお勧めします!

 

01-52

信頼できる不動産会社・工務店へ相談されることをお勧めします。

大手アパマンメーカーや戸建賃貸メーカー・・・

甘い勧誘には乗らないでくださいね。。。

現在、アパマンに住まわれてる60〜70%の方々が戸建への入居を希望されています!

しかし、年収や属性等々の問題でマイホームを購入できない方が多くいます。

 

「でも一軒家に住みたい・・・」

 

当社関係の戸建賃貸住宅は、空室が出れば即入居が決まります。

しかも、長期入居の方がほとんどです。

アパマンの時もそうでしたが、将来の時のために収入の柱を作ることをお勧めします。

このように書いてしまえば「アパマン」が事業としてダメな様に思われるかもしれません
が、そう言うわけではありません!!

アパマンもしっかりと計画して経営すれば問題ありません!!

 

不動産賃貸業は”事業”です。

 

大家さんは”経営者”です。

その様な感覚がなければ必ず失敗します。

不動産経営!

是非ご相談ください!!

 

不動産投資はすべて自己責任です!

 

一緒に悩みましょう!!

 

不動産は素晴らしいものですよ。

 

05-37

 

編集部より:この記事は   津崎哲郎の不動産投資帝王学   様の2017/11/17の投稿を転載させていただきました。

津崎 哲郎

Posted by 津崎 哲郎

不動産コンサルタントの津崎哲郎です。 昭和62年、バブル景気真っ最中に東京から熊本へ帰ってきました。 学生ながら東京でバブル景気を経験し「学生起業家」を気取って、簡単に言えば“ブローカー”をしていました。 売りたい人と欲しい人の仲介をする! 車・宝石・時計・家具・服etc・・・何でも仲介しました。 当時は何でも売れ、どんどん金額が大きい物を追っかけて行った結果が「不動産」でした。 当時は不動産に対する融資が緩やかで、金融機関も対象不動産を見ずにお金を貸す時代でした。 それからご存知の通り、バブルがはじけバブル時代を謳歌していた人たちは、塩を引くようにいなくなりました。 熊本に帰ってから、父親の会社に就職しそれなりに仕事はしていましたが、不動産の面白さが忘れられず“ブローカー”として、色々な不動産を仲介してきました。 もちろん、取引は宅建業者を通じて正規に取引をします。 不動産業は“情報産業”です。 情報を持っていない“業者”は廃れて行きます。 ですから私みたいな“ブローカー”が重宝されていました。 “ブローカー”と“正規不動産業者”の違いは何だと思います。 「宅建免許」を持ってるかどうかの違いだけです。 しかし、最近は書籍やSNS、ブログで色々な不動産情報を手に入れる事が出来ます。 情報を得やすい時代になってきましたが、「?」な情報も多く出回っています。 バブル景気時代からの生き残り、不動産の裏表を知り尽くした私が、損をしない不動産情報を発信しようと思います。