a0001_011469_m

不動産投資とは何か?

◆不動産投資とは何か?①◆
”投資”とは名が付きますが、株やFXとは大きく違います。
ギャンブル性が薄く、安定している分、金融機関の融資が受けられます。
他の投資商品に比べ『賭け』という要素が少なく『堅実経営』と言えます。
この点が『不動産投資はローリスクミドルリターン』と言われる所以です。

◆不動産投資とは何か?②◆
金融機関の融資が受けられるということは『レバレッジ効果が高い』投資が実現出来るでもあります。
一般的に、1億円の物件であれば、自己資金2割で融資を受けられるので
物件価格の8割を銀行融資で賄えることになります。
しかも、毎月の返済は、毎月の家賃収入から返済するので
(入居率が80%以上の場合)毎月の手出しはほぼないものと考えても良いです。

◆不動産投資とは何か?③◆
不動産投資の出口戦略は、株やFXと違い、底地がある分、価値が0円ということはまずありません。
また、よっぽど辺鄙な地域でなければ、大幅な値崩れの可能性も極めて低いと考えられます。
地価は株やFX程大きく変動しないため、出口戦略の観点から見ても、とても安定しており
最低保証を守られるローリスクな投資であると言えます。

◆不動産投資とは何か?④◆
①〜③の通り、不動産投資は投資というよりも<賃貸経営>という方が納得がいきます。
賃貸経営は”経営”という名前は付きますが、実際の賃貸入居募集や管理等の日々の業務は、
全て管理会社が代行してくれるので、実際には『究極の不労所得』と言えます。
このような『建物はオーナーが所有して、実際の運営業務は運営会社が行い、オーナーに
賃料を払う』ビジネスモデルは、現在世界の主流となっております。
話題の商用ビルや、新しいホテルなどは、建物オーナーは資産家で
実際の運営は専門業者さんという形態がほとんどです。