National universities buildings icons for education and architecture design usage with flat symbols of Oxford, Harvard and Cambridge, Princeton, Yale and Stanford Universities and California Institute of Technology

不動産投資家で成功するには大学のどの学部が有利なのか?〜【不動産でセミリタイヤ】

こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050

 

子供の大学受験が今年から来年なので

気分的に、そして経済的に緊張を強いられていますが

最近の大学って

よく分からない学部が多いですね。

 

私らの頃は

医学部、工学部、理学部、経済学部、法学部、商学部、文学部とか

大体、どんな学問を勉強するのか想像が付きました。

 

しかし

今って

政策何とか学部、人間何とか学部、発達何とか学部とか

訳が分かりません。

 

卒業すると

法学部なら「法学士」という呼称になりますが

「政策何とか学士」とかになるのでしょうか?

 

 

まあ、そういうことはともかく

今日は、大学での選考と不動産投資の向き不向きについて

書いてみたいと思います。

 

大学の選考で

不動産に直結するのは

工学系の建築や土木の学科です。

 

他に、経営という観点に立てば

経営、商学系の会計や税務

 

他に

経営、商学系のセールスやマーケティングなど。

 

これは結局

不動産投資をビジネスとして捉えるのなら

どうやってお客様からお金をもらうかが

1番重要になってくるからです。

 

他には

法学系の選考の人も学んだことが生かせます。

 

法律に使われる

独特な法律用語や言い回しは

法学部出身者以外の人にとっては

中々取っつき辛いです。

 

読みにくいからと敬遠していては

法の面で失敗する確率も増えてしまいます。

 

他には

経済学の視点で市場や金利動向などを

読むこともあろうかと思うので

経済学部出身も有利です。

 

他には

服飾やインテリアなどの知識を得ることが出来る

学科や専門学校も有利に働きます。

 

こうやって考えていくと

有利じゃない方を探す方が難しい感じです。

 

実際に

不動産と全然関係のない

有利にならないものの例を挙げると

 

・文学や哲学などの人文科学

 

・機械工学や情報工学などの特定の分野の工学系の学科

 

・生物学・物理学などの自然科学

 

・医学

 

くらいしか思い浮かびません。

 

なので

裏を返すと

「不動産投資には色んな分野の知識が必要で

その中で自分が得意な部分で勝負していけばいい」

ということではないでしょうか?

 

そして

それらの広い分野を大家さん1人で全部カバーすることは不可能なので

「カバー出来ない分野は

その道の専門家にアウトソースすればいい」

と、考えればいいかと思います。

 

 

◆編集後記◆

 

 

北朝鮮が国連安保理の制裁に反発し

日本を飛び越えるミサイルを発射。

 

今朝の羽鳥慎一モーニングショーを見ていると

辺真一氏と武貞氏が専門家として出ていましたが

武貞氏の主張が独特過ぎて驚きます。

 

彼が北朝鮮外交でやるべきこととして挙げているのが

「今こそ対話」だそうです。

 

対話?金正恩のようキチガイ相手に対話してどうすんねん?

 

このことは韓国の国民もそう願っていて

「そのことは太陽政策の文大統領が選挙で勝ったことに表れている」

と、言っていますが

それは違うやろ!って思いますね。

 

まあまあ色んな考えの方がいるものです。

 

 

編集部より:この記事は   【不動産でセミリタイヤ】  様の

2017/9/15を転載させていただきました。

【不動産でセミリタイヤ】 横田紳一

Posted by 【不動産でセミリタイヤ】 横田紳一

はじめまして。不動産投資でセミリタイヤした、横田紳一 です。 関西の有名国立大学を卒業して敷かれたレールに乗っかって、なんとなく、サラリーマンになりました。 そこで安心と安定を手に入れ、その代り自分の時間を提供しました。 まあ、そういう私も人生の中盤にさしかかり これが本当にやりたいことだったのか? 学生時代は切れ者で評判だった自分がこんな平凡な人生でいいのか?と自問自答する日々 それでもサラリーマンをやる以外に収入を増やす手段を見つけることができず、5年ほど経過。 ロバート=キヨサキの金持ち父さん貧乏父さんを読んで感銘を受け 権利収入として賃貸アパートを購入すると共に お金の力学に興味をいだくようになり インターネットビジネスの可能性を見出す。 昨春、めでたくサラリーマン以外の収入で生活の目途がたつようになり、セミリタイアを達成。 そんな私の意見、見識を提供していきますので 是非楽しみにしていただけたらと思います。 次は、あなたがセミリタイアする番です!