imgres のコピー 6

不動産投資に引き寄せられる サラリーマンオーナーたち。 何がそんなに魅力なのか!?  前編 

「アパート経営」「マンション経営」という言葉を、あなたもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。近年、30代、40代の会社員や公務員を中心に、「不動産投資」を始められる方が増えています。1戸(室)からできるマンション経営や1棟所有するアパート経営は、その手軽さとリスクの低さが大きな魅力。最近では若い女性にも人気の「不動産投資」とその仕組みについて紹介いたします。

 不動産投資の仕組み

「不動産投資」とは?
不動産投資とは、購入したマンションやアパートを第三者に賃貸し、家賃収入を中心に様々な利益を得る資産運用の1つです。当サイトにおける不動産投資とは、1棟のうちの1戸を所有するマンション経営と1棟を所有するアパート経営について、家賃収入を得ながら資産を形成する不動産投資として紹介いたします。

資金が少なくても始められる
「マンション経営」という響きから、マンションまるごと1棟を所有して経営を行うようなイメージをもたれる方もいらっしゃるかも知れませんが、実際には1戸(室)単位で運用するケース(区分所有)が一般的です。一方アパート経営は、複数世帯の集合住宅(1棟)を運用するケースが一般的です。
比較的少額の自己資金で始めることができる上に、金融機関から購入資金として組んだローンも家賃収入でほとんど返済できるため、サラリーマンを始め幅広い層の方に受け入れられています。

長期的に安定した利益を狙う
バブル期のマンション経営・アパート経営といえば「不動産は必ず値上がりする」という不動産神話に支えられ、購入した物件を売却して利益を得る短期的な運用が主流でしたが、近年は違います。現在では、毎月安定して入ってくる家賃収入や、確定申告での税金還付など、長期的な利益に期待する運用が主流となっています。

img01

私的年金としての役割

不安だらけの公的年金
あなたには、老後のための備えがありますか?平成25年から年金受給開始年齢の引き上げが始まっているように、私たちを取り巻く年金事情は、いま大きく揺れ動いています。年金の負担額と受益額の推移を見てみると、1955年生まれ以降の世代は、負担額が受益額を上回り、この傾向はますます加速していくとみられています。1950年生まれの世代と2015年生まれの格差は、なんと2,000万円~3,000万円にも及んでいます。したがって、これから老後を迎える世代は自ら行動し、このギャップをリカバーする必要があるのです。

img02

老後の年金代わりに

預貯金の利息は限りなくゼロに近いといってもよいのが現実。預金利率を0.05%とすると、1,000万円の預金をしても利息は年間5,000円にしかなりません。
不動産を経営するということは、お金を収益物件に変えるということ。都心のワンルームマンション(一戸)であれば、実質利回りは4~7%程度、アパート1棟であれば7~8%程度と考えられますので、老後の私的年金としても十分な金額となってきます。

img03

生命保険の代わりとして

頼りになる「団体信用生命保険」
収益不動産をローンで購入すると、「団体信用生命保険(通称:団信)」に加入することになります。「団体信用生命保険」とは、ローン返済中に契約者が死亡または高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社がその時点のローン残高を全額支払ってくれるというものです。また、家族の方には無借金の不動産が残り家賃収入が継続して入りますので、生命保険の代わりとしてもメリットがあります。

img04

完済後、不動産が手に入る「終身保険」
「団体信用生命保険」の保険保障額は、ローン残高です。しかし掛け捨て型の保険と違い、ローン完済後の不動産は所有者のものとなりますので、終身保険として考えることもできます。金融機関がローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むため、保険料も割安になり、加入時年齢による保険料の差もありません。なお、この団体信用生命保険の保険料は、毎月のローン返済額に通常組み込まれているため、毎月の支払いがなく心的負担(家計の負担)も軽減できます。