banner-1848731_1280

折角の高属性サラリーマンが不動産投資しない理由とは?〜【不動産でセミリタイヤ】

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/

こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050

年収の高い

または

世間で言ういい企業に勤めていて

サラリーマンの与信で融資を引ける人って

不動産投資で、凄く有利です。

しかし

実は、このような人の中に

意外と大人しくサラリーマンだけしている人が意外に多いです。

私は、以前は、創業100年の東証1部上場企業に勤めていて

同期で残っている大学卒の人間は

全員が幹部に昇格しています。

なので

彼らは、普通に考課がつけば

年収1000万円以上です。

ちなみに、私の場合は

休職を繰り返していたせいもあり

1ランク下の考課だったため

900万円弱しかなかったですが・・

年収1000万円あり

安定した歴史ある企業に勤めている。

不動産投資にこんないい条件はありません。

同期会に

私は今も参加していますが

彼らに、私の自由な毎日の良さを説いても

「暖簾に腕押し、糠に釘」

何故、こうなのかを以前から考えていたのですが

多分、こういう理由からではないかと思います。

それは

彼らは

「少年時代から我慢することに慣れて育ったから」

です。

そこの企業に入社するためには

そこそこ偏差値が高く世間で評価されている大学を出なければ

入社できません。

すると

当然、小学校時代から

遊ぶのが楽しくても

我慢して勉強する方を選んで来たと思います。

なので

これらの長年の我慢に慣れ

もう年齢も還暦近くなっても

我慢強い人間が形成されていっています。

となると

「俺はこんな生活はイヤだ。

不動産投資で成功して会社を辞めてやる」

とか

「不動産投資でリッチになってやる」

とは、中々ならないのではないかと思います。

しかし

それって本当に、その人にとっていいことなのかって

実は、疑問です。

適切な欲望を抱くことの方が

実は、幸せなのではないかと思います。

◆編集後記◆

盆休みの長い会社も

明日くらいで休暇も終わりかと思います。

盆の次のちょっとした休暇と言うと

9月のシルバーウィークです。

敬老の日が第3月曜で、その後に秋分の日が来るので

ちょっと長めに休めたりします。

しかし

今年は、残念な結果になっていますね。

秋分の日が土曜と重なり

普段より多めなのは

16日(土)17日(日)18日(敬老の日)の3連休のみ

これじゃお勤めの方は辛いですね。

まあ、私は関係ないですけど

編集部より:この記事は   【不動産でセミリタイヤ】  様の2017/8/19を転載させていただきました。

【不動産でセミリタイヤ】 横田紳一

Posted by 【不動産でセミリタイヤ】 横田紳一

はじめまして。不動産投資でセミリタイヤした、横田紳一 です。 関西の有名国立大学を卒業して敷かれたレールに乗っかって、なんとなく、サラリーマンになりました。 そこで安心と安定を手に入れ、その代り自分の時間を提供しました。 まあ、そういう私も人生の中盤にさしかかり これが本当にやりたいことだったのか? 学生時代は切れ者で評判だった自分がこんな平凡な人生でいいのか?と自問自答する日々 それでもサラリーマンをやる以外に収入を増やす手段を見つけることができず、5年ほど経過。 ロバート=キヨサキの金持ち父さん貧乏父さんを読んで感銘を受け 権利収入として賃貸アパートを購入すると共に お金の力学に興味をいだくようになり インターネットビジネスの可能性を見出す。 昨春、めでたくサラリーマン以外の収入で生活の目途がたつようになり、セミリタイアを達成。 そんな私の意見、見識を提供していきますので 是非楽しみにしていただけたらと思います。 次は、あなたがセミリタイアする番です!