symbol-2088735_1280

消費税でアパマン大家が損している理由〜思考は現実化する!

物件購入時に数百万円の節税ができる方法を知りたい方はこちらをクリック!

まずはキンドルの部門ランキングで1位です。
つづきは編集後記で!

それでは、今日は、
「消費税でアパマン大家が損している理由」
です。

平成26年の4月から消費税は8%にアップしてますね。

そして、平成31年10月からは10%に上がることになっています。

でも、実は消費税が上がっても、会社の利益は変わらないんです。

例えば、1,000円のものを仕入れて、3,000円で売ったとしましょう。

消費税5%だと、消費税50円を仕入れ業者に払って、
150円の消費税をお客さんからもらいます。

すると、税務署に納める消費税は100円になります。

もらった消費税150円―払った消費税50円=納める消費税100円

でも会社の利益は、2,000円ですよね。

税込の売上3,150円―税込の仕入1,050円=税込の利益2,100円

税込の利益2,100円―納める消費税100円=利益2,000円

これが8%になったとしても、納める消費税だけが変わって、
会社の利益は変わりません。

税込の売上3,240円―税込の仕入1,080円=税込の利益2,160円

税込の利益2,160円―納める消費税160円=利益2,000円

なぜ、このようになるかというと、
消費税はその名の通り「消費者」が負担するものだからなんです。

でも、居住用の物件を運営している大家は、
家賃に消費税を掛けることができないので、
仕入の消費税を引くことができないのです。

そして、大家にとっての仕入とは、
建物であったり、修繕費であったりするわけです。

結果、通常のものやサービスを販売、提供している会社なら引ける消費税が、
大家だと引くことができないので、大損しているわけです。

この矛盾を回避する唯一の方法が、消費税還付なんですね。

消費税還付については、現在、神戸事務所は無料で相談ができます。

⇒ http://tax.kanae-office.com/kanpu.html

相談をするタイミングは、

・売買契約、請負契約する前
・融資依頼をする前、
・新規法人を設立する前

ですよ!

それがなぜか知りたい方は、次のレポートをお読み頂ければ理解できますし、
消費税還付の基本的な仕組みがわかるので、相談もスムーズにできると思います。

⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/16349_vey_21/showInput.do
リピーター続出!読者数計4万5千部のメルマガ広告のご案内

——————————————————————————–
【編集後記】 ~1位
——————————————————————————–
先日からAmazonで販売がスタートした僕の4冊目。

⇒ http://amzn.to/2w1QxzS

お蔭様で、早速キンドルの有料不動産投資部門で1位を取ることができました

⇒ http://amzn.to/2fJXLT7

次は、書籍全体の不動産投資部門のランキングを上げていきたいので、
ぜひ、読んでみてくださいね!

編集部より:この記事は 思考は現実化する!    様の2017/8/17の投稿を転載させていただきました。

叶温

Posted by 叶温

兵庫県神戸市生まれ。 甲南大学経営学部卒業。 税理士・AFP・宅建・管理業務主任者。 叶 税理士事務所 代表 株式会社マネー・コントロール(そろばん教室 神戸あんざんアカデミー) 代表取締役社長 大家さん学びの会(R)関西 代表 LLP TPJ(有限責任事業組合 タックス・プリンシプル・ジャパン) 組合員 プロフィールの詳細はFacebookをご覧下さい。  ⇒  http://www.facebook.com/yutaka.kanae 【メルマガ】 確実にお金を残す税理士大家の不動産投資術  ⇒ http://tax.kanae-office.com/free_mailmagazine.html 不動産投資にご興味があるなら、是非 「不動産投資でお金を残す7つのレポート」 をダウンロードしてみてくださいね。  ⇒ http://tax.kanae-office.com/7report.html