2594e359c50c2fa7c60042f0ce04f583_m

初心者は雪国を避けよう

不動産投資に関する書籍を読んでいると、
「初心者は土地勘のある地元を中心に始めましょう」といった感じの内容が非常に多いです。

地元を中心に不動産投資を始めることは、決して間違ってはいません。
しかし、雪が降る地域に住んでいる方は、そこに物件を購入することは避けた方が良いかもしれません。

雪国を避けた方がいい理由はシンプルです。

それは積雪がある地域では物件の老朽化が早くなるからです。
とくに屋根(外観)のダメージは、雪が降らない地域と比べ物にならないくらい早くダメになります。

投資家目線で考えると、雪は余計なリスクを増やすだけの厄介者です。
暖房器具などのトラブルも雪国の方が多いですし、駐車場の痛みだって早くなってしまいます。

初心者は少しでもリスクが少なく、コストもかからない地域を選びましょう。

ちなみに積雪のある地域だけにかかるコストは以下のものがあります(すべてではなく一部です)。

・ストーブ分解整備料
・ロードヒーティング代(路面の凍結防止のための設備の事)
・除雪代

投資する側ではあまり関係ありませんが、冬季期間は敷金が戻らないケースも多いのが特徴です。

これらのリスクを解消する方法、それは暖かい地域に物件を買うことです。
難しく考える必要はありません、シンプルに考えましょう。
無駄なリスクを取ることは、投資家として賢明な判断ではありません。

とくに、「自分はずっと雪国に住んでるから大丈夫!」と変に自信を持っている人は要注意です。