interview-1018332_960_720

地銀融資担当者との面談〜医師が教える不動産投資

いつも応援ありがとうございます。

昨年12月中旬頃、融資を受けている金融機関の担当さんから電話
がありまして。

しばらくぶりにお会いしたい、今年度の報告資料を作るためにも
年末年始で是非ご来社を、とのことでした。

確かに前回直接お会いしたのが大分前です。正確にいつお会いを
したかすぐに思い出せないほど。正直なところ、最近忙しすぎて
すっかりケアを忘れておりました。反省。

 

といっても流石に年内は予定を立てられそうにもなかったので、
年始に急遽半休を頂き、先日お会いしてきました。

支店が東京ですので、静岡から出向く必要があるのですけれども
新幹線ですぐですので、全く苦にはなりません。毎週末、乗って
帰っている路線ですし。

午前中の外来、及び病棟仕事を13時30分ごろまで何とか終わらせ
予定の新幹線にギリギリで乗り、余裕を持って来訪ができました
ので良かったです。

不動産投資は金融投資と違い、情報収集だけでなくフットワーク
の軽さも重要です。経営ですから。

大事な取引先からアポイントを希望してきたら、どんなに忙しく
ても無理やり予定を作るくらいの気持ちが無ければ、円滑な投資
活動ができません。

それが無理だと思う場合は、不動産投資なんてやらない方が幸せ
です。金融投資でもリスクを背負えば同程度のパフォーマンスを
発揮できますし、手間も掛からないでしょう。

 

普段から仕事を休まずサボらず頑張っていれば、よほどブラック
なところでない限り半日程度時間を頂くことくらいできるはず。
もしそれができないなら、投資より先に職場を変えるのが先。

健康管理もそうですし、理想通りの生活をする為には環境を整え
優先順位を自分でつけられる立場にいるよう時間管理をするのは
とても大切かと思います。

相手もわざわざ僕の為に時間を割いて下さるのですから、何とか
期待に応えようとするのが日本人というものです。

interview

大切な確認事項

銀行員も、非常に忙しく大変な仕事だと聞きます。特に融資担当
ともなれば、メインの収入源を支える仕事です。ノルマも責任も
極めて重い。

年度末報告は、融資先のリスク管理をするうえで最も重要な仕事。

 

特に何か問題があったのではなく、現状を確認したいだけなので
あろうと推測し、堂々と伺いました。返済が滞った試しは一度と
してありませんし、口座にお金も入れっぱなしです。

特に後ろめたい部分はありません。

実際にお会いしてお話したところ、推測通りでした。事前に昨年
から職場が変わることなど伝えておきましたので、それを改めて
確認したかったのがメインだと思われました。

 

その辺りは素直に、しかし実は一番難しいお話で。借り入れ先は
地方銀行の東京支店。今後は静岡に拠点を置く僕とは、位置関係
が難しくなります。

融資を受けた時点では転居の予定はなく、行ったり来たりをする
予定でしたが、現在は今年の春から転居をする事になっていて。

幸い、今の住まいは法人事務所として今後も使用する予定であり
定期的に訪れるつもりですから、返済も安定して進んでいる以上
許容をして下さるのではないかなぁと期待をしていますが。

今回の報告がまとめられ、上がどう判断するかは何ともです。

 

もっとも、ノーと言われてしまったら致し方なく再度の借換えを
するのみですけれども。

今の僕と現在の環境であればメガバンクからも融資を引き出せる
と思われますし、今のメインバンクにまた相談して新たな取引先
を紹介して貰うのもありかなと思いますし。

下手をすると今よりも条件が良くなる可能性も。

手間とコスト面で最低でもあと2年弱は現状維持を続けていきたい
と思っていますが、一応行動を起こす覚悟だけはしておいた方が
よいかもしれません。

ただ、個人的には地域密着型の金融機関との付き合いをするのが
好みで。現地の様子も分かって下さっていますし、情報の共有も
しやすいので、何とかお願いしたいところですね。

 

情報はオープンに

他に話したことと言えば、殆ど雑談です。

部屋は当方所有の2棟とも満室で、今後の懸念事項だけはお伝え
しておきましたけれども(駐車場が不足する可能性等)、現時点
で何も突っ込まれる部分がありません。

現地の様子や発展具合など、地元企業である向こうの方が知って
いますし。最近田んぼが減って建売住宅が増えている、との情報
も教えて頂いてしまうほど。

 

ですが、この雑談が重要だと僕は思っています。せっかく一緒に
仕事をするのですから、どうせなら仲良く楽しくやりたい。

全くプライベートで呑みにすら行きたい程です。別に公務員では
ありませんから何の問題もありませんしね。

 

後は、知っておいてほしい情報は聞かれる前にこちらから提供を
しておきました。

株の所有状況とか、今後の本業の目標、計画とか。

特に本業の方については、今後法人化を進めていく話も含めて、
おおまかな将来像を伝えました。そこが順調であれば不動産など
何の心配もなくなりますから。

 

次の時は確定申告の提出ですね。税理士さんに資料提出してから
完成まではまだ時間がありますが、なるべく早いうちにお渡しが
できるようにしたいと思っています。

編集部より:この記事は  医師が教える不動産投資    様の2017/1/23の投稿を転載させていただきました。

Posted by きりのき

こんにちは。『きりのき』と申します。  普段は勤務医をしておりますが、震災・原発事故の経験やその他ここ数年で多くのことを学び、また子供時代からの夢を叶えたいという思いもあり、2011年4月より不動産投資の勉強をスタートしました。  それをきっかけとして、現在はビジネスそのものについて強い興味を持っています。2014年1月1日現在、2棟53戸+区分マンション1戸を所有。  「自分が主人公であり続ける未来」 を目指して、不動産投資を含めた 『収入の3つの柱』を構築中です。不動産投資は、そのための基盤作りと言えるかもしれません。  拙い文章ですが、宜しくお願い申し上げます。