BEIKOKUHUDOUSANNSEMINA-

【東京】参加費無料!! 2/9(木) 米国不動産投資セミナー開催!

今回は株式会社プレストが開催する米国不動産投資セミナーのお知らせです!ぜひご覧ください!

 

【セミナー概要】
スクリーンショット 2017-01-18 22.31.49

なぜ!?アメリカなのか

理想的な投資エリアはどこにあるのでしょうか?それは中古マーケットが確立し、安定的な賃料収益をもたらす先進国、
中でも市場規模、取引流動性の高さなどからアメリカといえるでしょう。
アメリカ不動産の優位性はたくさんあります。

☆減価償却による節税効果、インカムゲイン、キャピタルゲイのトリプルメリット
☆基軸通貨ドルへの安心感
☆情報の透明性が高く取引の安心材料になる
☆先進国の中で顕著に人口が増えている

代表的なものをいくつか上げました。
しかし、リーマンショックで一時的に落ち込んだ価格が戻り堅調な住宅推移を見せるアメリカですが、対象地域が広いため不動産マーケットは一様ではありません。
では理想的な投資エリアはどこにあるのでしょうか?
セミナーでは物件エリアの選択から売却までの出口をしっかりと見据えた投資を解説します。

スクリーンショット 2017-01-18 22.28.14

※画像をクリックすると拡大します。

注目エリアのダラス・プレイノ

img_darasu_01

海外不動産投資において投資エリアを選択する際、そのエリアの雇用情勢は重要な判断材料となります。全米2位の面積と人口を持つテキサス州はエネルギー、医療、ハイテク、宇宙産業などグローバル企業が連なっています。この様に産業が活発なエリアで今注目されているのが、テキサス州ダラス郊外のプレイノです。最近ではトヨタが製造・販売・金融等の本社機能をプレイノに移転する発表が大きな話題を呼びました。2017年には約4,000名の社員が居を構えることになります。トヨタだけではありません。金融大手のリバティ・ミューチュアル(4,000名)、JPモルガン・チェイス(6,000名)も統括拠点をプレイノに構えることを発表しています。雇用の創出、人口増加、そして需要が供給を上回るといった理想的な投資条件がこのプレイノにあります。

地域の統括拠点としてプレイノへ
進出・集約化を発表した企業の一例

img_pureino_01

 

テキサス州ダラスと注目エリアのプレイノ

img_pureino_02

 

【講演者プロフィール】

 倉石 灯 Gaia Asset Management Inc. CEO

スクリーンショット 2017-01-19 11.57.01※画像をクリックすると拡大します。

【セミナー情報】

日時:2017年2月9日(木)19:00〜20:30

参加費:無料

会場:株式会社PEAST東京支社セミナールーム (東京都目黒区上目黒2丁目9番1号 中目黒GS第1ビル8階)

内容:米国不動産のしくみとその優位性
注目エリア、ダラス・プレイノの魅力と物件紹介
出口戦略に欠かせない税務対策とは

いかがでしたでしょうか?ご興味のある方は奮ってご参加ください。

 

詳細、お申し込みはこちらから!
↓      ↓      ↓

米国不動産投資セミナー申し込みフォーム