syasinnsatueinojuuyousei

写真撮影の重要性〜Airbnb大家の会

【出席者】

ホストAさん(京都市)

ホストBさん(福岡市)­­­­­

ホストCさん(大分県別府市)

heyanonakaauno

 Airbnbのサイト上で物件を紹介するとき、見る人に向けて写真と文章で情報を説明するんですが、それを「リスティング」といいます。中でも写真はけっこう重要ですね。

 

 そうですね。立地で検索して何物件かを見比べるとき、次に見るのは金額と写真ですけれど、写真の見栄えが良かったら少々高くても「あ、これいいな」って思いますから。

 

 Airbnbにはリリースして数カ月後にプロが写真を撮ってくれるサービスもあるんですが、それまでの数カ月間は自前の写真でやらなければいけない。

 

 上手なホストの方の写真には観葉植物があったり、ソファのクッションが明るい模様だったり、魅せる工夫が感じられます。

 

 清潔感と明るさが好まれますね。私はシーツの色を代行業者さんに注意されて、シーツを替えて撮り直しました。ベッドカバーだけでも違うのかなと。観葉植物は大事ですけど、遠隔地だとどうしても枯れるので私は造花を使っています。

 

 モデルルームのような作り込みがすごく重要なのかなと思いました。

 

 スタンドライト、癒しの小物とかでアピールするのもいいですね。

 

 写真そのものの質も求められます。

 

B 情報は多い方がいいので広角レンズで撮るのがいいみたい。それと写真自体が暗いのはNGで、光の調整や照明も大事です。見せたい物にピントを合わせて背景をちょっとボカすと雰囲気が出たり。

 

 シャンパンで乾杯してる写真とかね。

 

 もちろん写真だけで伝えるのが難しい面もあって。福岡の物件はアクセスも良くて角部屋で、ベランダから川と海が見えて、周りに高い建物がなく風の抜けがいいんですが、その良さは写真でなかなか説明できない。いかに伝えるかは課題です。

 

 実は代行業者では、リスティングをいったん公開したらホスト側の意向だけではこまめに変えられないんですよね。

 

 そう。ゲスト由来の理由なら3000円で情報を更新できるんですが、単なるホスト側からの変更だと25000円もかかってしまうんです。

 

 だから本当は最初にきちんと作り込んで公開するのがいいんでしょうけれど…。

 

 ただそれをするとリリースまでに時間がかかってしまう。リリースが1週間遅れると、その間ゲストが宿泊すれば費用を回収できますしね。公開して一定の時間が経った時期に、25000円かかったとしても一度、写真も文章も洗い出してリスティングをより効果的なものに更新してもいいですね。

今、話題急上昇中のAirbnbの情報を見られるAirbnb大家の会Facebook:https://www.facebook.com/minpakuoya/?fref=ts

編集部より:この記事は Airbnb大家の会 様の2016/6/8の投稿を転載させていただきました。

Airbnb大家の会

Posted by Airbnb大家の会

今、話題急上昇中のAirbnbの情報を見られるAirbnb大家の会